中国の大気汚染の原因は?日本のせい?日本企業も対策に協力。

<スポンサードリンク>


中国の大気汚染の原因は?日本のせい?日本企業も対策に協力。

 

中国の大気汚染問題について少なくとも一度はニュースや新聞で見聞きした事があると思います。

今や、天気予報でもPM2.5の濃度や分布に関する情報を流す様になりました。

黄砂でも飛んでいるのかと思わせるぐらいにガスがかかった中国の様子は、大気汚染が非常に深刻である事を

印象付けるものです。さて、なぜ中国ではあの様な大気汚染問題が勃発したのでしょうか。

大気汚染 中国

 

中国の大気汚染の原因は?

中国の各地で発生している深刻な大気汚染は、主にPM10PM2.5と呼ばれる粒子状物質によるものです。

粒子状物質には,工場から排出されるばい煙(石炭等の燃焼によって発生する煙とすす。特に不完全燃焼によって発生する大気汚染物質を指す)、

自動車の排気ガといった人為的に作られるものと、黄砂や森林火災の様な自然由来によって発生するものがあります。

現在、中国で問題になっているPM2.5は、中国国内の工場が、石炭を完全に燃焼させられる様な設備を持たずに、安価な石炭を燃やし続けている事が主な原因だと考えられている様です。

また、冬場の暖房に石炭を加工した練炭を燃料として使っている家庭が多い事、品質の悪いガソリンを入れた自動車が大量に走り回っている事も大気汚染に拍車をかけているそうです。

 

PM2.5は、直径が人の髪の毛の約40分の1という微粒子であり、肺の奥や血管に侵入し、ぜんそく、気管支炎、肺がん、心臓疾患といった病気を発症し、悪化によって死に至るリスクも

増加させると言われている、大変恐ろしいものです。特に、高齢者や子供、肺や心臓に疾患のある人は特に注意が必要で、北京大学が昨年行った研究によると、

北京、上海、広州、西安では年間8,000人がPM2.5が原因で死亡しているとの事です。

 

大気汚染に関する環境基準は各国で異なり、中国は日本やアメリカに比較すると基準は緩く設定されている様に見えますが、

WHOが指針値に加えて3段階の暫定基準を定めたものがあり、中国はこのうちの第一段階暫定基準を採用しているのだそうです。

大気汚染 基準

 

日本のせい?

中国のとあるメディアは、「中国の汚染地域は主に中部地域、華北であり、日本の西側に位置する為、西風が吹かない限り、中国の汚染物質が日本には到達しない。」と

報じており、四国や九州地方においてPM2.5の濃度が上がった事に中国は関係が無いといった内容を公表していました。

また、日本の学者が、東京都内においても、自動車の排気ガス量が多かったり、工場の大気汚染が原因でPM2.5が発生していると分析したとも言っています。

 

確かに日本国内でも大気汚染が問題になり、公害に苦しめられた人達もいらっしゃいます。

それは、高度経済成長を遂げる過程で環境整備が追いつかないまま、発展が先行した事が原因であり、現在も大気汚染が続いているわけではありません。

環境に対する技術革新が進み、対策が講じられています。現在の中国の様に、大気汚染によって視界が塞がれる様な事は日本では起きていません。

 

中部地域や華北が主な汚染地域と言っているのに対し、外務省や在中国日本大使館の情報では、10月20日から21日にかけて、中国東北部の黒竜江省 哈爾浜(ハルビン)市に

おいて、過去最悪レベルの大気汚染の発生が報告されたそうです。これから冬を迎え、中国では石炭や練炭を燃やして暖を取る為、PM2.5の増加も予測でき、

日本へ飛来する事も大いに考えられるので、日本国内でも注意が必要です。

 

日本企業の対策

中国国内で発生しているPM2.5の原因の一つが、日系企業にあるという声も中国国内にはある様です。

ただ、日系企業は環境基準を順守しており、批判を受けるに値しないとは思われますが、PM2.5が問題になり始めた頃は、

中国の市当局の指示に基づいて、工場の操業を数日間停止する等の臨時措置を講じた企業もありました。

現地で働く人の健康を考え、日本からマスクを送り装着を義務付けたり、不要な外出を止める様に指示を出すといった事が行われました。

現状、大気汚染を理由に中国から撤退した企業は無い様ですが、東南アジア等、他地域での操業にシフトする企業が出てくる可能性がありそうです。

 

WHOはPM2.5等の大気汚染物質が最高レベルの発がんリスクを持っていると発表しています。

これからインフルエンザの予防の為にマスクをつける人も増えてきますが、PM2.5の飛散状況や濃度に関する情報もチェックして、

数値の高い日はマスクをつける、空気清浄機を使用する等して予防に努めましょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す