吉野家、松屋、すき家、なか卯を比較。カロリー、値段、コスパ。岩倉スペシャル?

<スポンサードリンク>


吉野家、松屋、すき家、なか卯を比較。カロリー、値段、コスパ。岩倉スペシャル?

 

日本における代表的なファストフードと言える牛丼

早い・安い・美味いの三拍子が揃った牛丼は、どの町にも最低1軒はお店があり、

ドライブスルーのある店舗や、異なるチェーンの牛丼店が目の前や数軒隣にあるといった

光景は当たり前の様になりました。

さて、この牛丼チェーン、コストパフォーマンスに優れているのはどこだと思いますか?

 

吉野家、松屋、すき家、なか卯を比較

各チェーン店の牛丼並盛に関して、カロリーと値段からコストパフォーマンスを導き出しました。

 

<吉野家>

吉野家 松屋 すき家

カロリー:674kcal 値段:280円

 

使用する食材に徹底的にこだわり、本物の「うまさ」を追求する吉野家。

最近では国会議事堂内に店舗がオープンした事もニュースになりました。

通販、移動販売、そば処に惣菜の店等、多様な店舗展開もしています。

<松屋>

松屋 牛めし

カロリー:743kcal 値段:280円

手軽に食べられる丼メニューからがっつり食べられる定食まで、豊富なメニューが揃っている松屋。

テイクアウトの電話予約サービスもあり、比較的回転の速い牛丼店であっても待たずにお弁当が買えるのは有難い事です。

松屋は牛丼の他、とんかつ、寿司、ラーメン、カフェといった業態の店舗も運営しています。

ちなみに松屋では牛丼ではなく、「牛めし」が正式名称です。

 

<すき家>

すき屋 牛丼

カロリー:673kcal 値段:280円

すき家の魅力はなんといっても、いろんな種類の牛丼があるところです。

チーズにネギ玉、高菜明太マヨ等、変わり種の牛丼が次々にリリースされます。

ミニ盛からメガ盛まで、6種類の分量を選べるので女性や子供も利用しやすいです。

 

<なか卯>

なか卯 牛丼

カロリー:635kcal 値段:290円

 

なか卯は牛丼チェーンには珍しく、うどんの提供やお子様用のプレートメニューがあり、

牛丼チェーンと言うよりは、ミニ和食ファミレスといった感じです。

デザートのプリンもメニューにあります。

 

カロリーは吉野家・すき家・なか卯の3店は600kcal台ですが、松屋は断トツで700kcalを超えています。

吉野家・すき家・松屋は値段が同じなので、カロリーと値段によるコストパフォーマンスで言えば、松屋が優秀と言えるでしょう。

しかも、店内で済ませば味噌汁も付いてくるのも嬉しい点です。

10円高いだけで、カロリーが最も低いのがなか卯なので、女性にとってはなか卯のコストパフォーマンスが高いとも言えますね。

 

 

岩倉スペシャルとは?

値段とカロリーのコストパフォーマンスが最も優秀であった松屋には、「岩倉スペシャル」という最高に美味しい牛めしの食べ方が

あるのをご存知でしょうか。

これは、フリーライターの岩倉隆史さんがTwitterで自分なりの牛めしの食べ方をつぶやいたら、mixi等のニュースサイトで配信され、

全国的に広がった食べ方だそうです。

 

岩倉スペシャルのレシピはごくシンプルで、”生卵にカルビソースと七味をたっぷり入れて混ぜたものを牛めしにかけて食べる

というもので、カルビソースはたっぷり入れすぎると甘くなるという注意点があります。

 

 

岩倉スペシャルはすき焼きの様な味がするらしく、岩倉氏によると、カルビソースは2回半押し七味は5回押しがベストな様です。

 

松屋に岩倉スペシャルがある様に、他のチェーン店に関しても、オリジナルだけどとても美味しい秘密の食べ方が存在するかもしれませんね。

ちなみに、牛丼にフレンチドレッシングをかけるとハヤシライス風味になるという食べ方も密かに人気があるらしいです。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す