秋刀魚(さんま)、春夏秋冬で旬の季節は?栄養は?オススメレシピは?

<スポンサードリンク>


秋刀魚(さんま)、春夏秋冬で旬の季節は?栄養は?オススメレシピは?

 

みなさん秋刀魚さんま)は好きですか?

秋刀魚というと秋によく食べるという方が多いと思います。グリルで焼いて塩焼き、生でさばいでお刺身など、様々な食の楽しみが秋刀魚にはありますね。

そんな秋刀魚の栄養価おすすめレシピの紹介をしながら一緒に見ていきましょう。

サンマ

 

・旬はいつ頃?

秋刀魚というとが旬と言われていますよね。しかし、スーパーでは年中置いてありませんか?

それは、秋刀魚が回遊魚と言われ、一か所に留まらず広大な海を泳いでいるからです。

夏から秋にかけては北から南へ、冬から春にかけては北へ移動をしています。

ちなみに初サンマは夏頃から見かけるようになり、テレビなどでもよく話題になりますね。

そして旬を迎えた秋の秋刀魚は、脂がのっていて焼いてもおいしく、刺身にしてもおいしいです。

秋から冬にかけては、産卵期に入るので、脂っこさがだんだんなくなりあっさりとしてくるので、開きにしたり、酢でしめて押し寿司にしたりして食べるのがおいしいですよ。

秋刀魚の旬は秋ですが、一年の間で様々な食べ方ができる魚です。

 

・栄養素は?

秋刀魚には、どのような栄養価が含まれているのか見ていきましょう。

必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質、貧血予防の鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンAカルシウムやその吸収を助けるビタミンDなど様々な栄養があります。

その他、頭が良くなると言われるDHAも含んでいます。旬の時期にはこれらの栄養素が最も多く含まれているそうです。

栄養価の高い新鮮な秋刀魚を見分けるコツがあり、5つのポイントを確認しおいしい秋刀魚を選びましょう。

 

①   口や尾が少し黄色いもの

②   目黒の周りが透明で澄んでいる

③   お腹がきれいな銀色で硬めなもの

④   尻尾を持つと、刀のように反り返るもの

⑤   頭から背中に向けて盛り上がり青黒く光っているもの

 

これらが新鮮な秋刀魚の特徴なので、見つけたらぜひ買ってみてください。

 

・オススメのレシピは?

秋刀魚というとやはり、焼いてから大根おろしを乗せたものがおいしいですよね。

これには、ただおいしいだけでなく理由もあったのです。

鮮度のいい旬の秋刀魚には、豊富な栄養素が含まれていますが、少し苦味があります。大根おろしは、発がん物質を抑えるだけでなく、この苦味もとってくれるそうです。

そして、消化の促進をするとともにビタミンや鉄分を吸収しやすくする効果あります。

その他、秋刀魚のおすすめレシピは、竜田揚げカレー焼きなどがおいしいですよ。

 

秋刀魚のことを知っていかがでしたか?

今年の旬の時期はぜひおいしい秋刀魚を見つけて食べてくださいね♪

そして、いろんな季節にいろんな食べかたで秋刀魚を味わってください。

 

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す