石垣島マラソン2014の気温、対策、コースは?ホテル、ツアー情報。

<スポンサードリンク>


石垣島マラソン2014の気温、対策、コースは?ホテル、ツアー情報。

 

2013年の一年間、様々なマラソンレースに参加された方は、もう来年開催のレースに照準を合わせているのでしょうか。

今年マラソンを始めたばかりで、いよいよ来年からレースに参戦するぞと意気込んでいる方は、もう参加するレースを決めていますか?

2014年1月に石垣島で開催される「第12回石垣島マラソン大会」の参加エントリーは既に始まっています。

まだ年内のレースが残っている方も、来年こそレースデビューと考えている方も、早めに申し込みをしておかないと、

気づいたら締切になってしまうかもしれません。

石垣島マラソン2014

 

 

大会概要は?

第12回石垣島マラソンの開催日やエントリー方法、コースといった大会概要は以下の通りです。

 

●開催日程

2014年1月26日(日)

 

 ●種目

フルマラソン(42.195㎞)、23㎞の部 9:00スタート

10㎞の部 9:20スタート

フルマラソンには6時間30分、23㎞の部には3時間10分、10㎞の部には1時間30分の制限時間が設定されています。

また、フルマラソンには中間地点で3時間15分、35㎞地点で5時間50分の関門、23㎞の部には16㎞地点で2時間30分の関門が設けられています。

●エントリー

①オンラインエントリー

2013年10月1日(火)~11月30日(土)迄の期間に、RUNNETのサイトからエントリーが可能です。

②郵便局での申込

参加申込用紙の添付されたパンフレットを、石垣市内の市役所、教育委員会、総合体育館、中央運動公園陸上競技場のいずれかの場所で入手し、

必要事項を記入して、最寄りの郵便局窓口かATMで申込みます。尚、市外在住等でパンフレットの入手が難しい場合は、

大会事務局(石垣市企画部観光文化スポーツ局スポーツ交流課内)に資料請求の問い合わせをする事も可能です。

エントリー期間はオンラインエントリーと同じです。

 

何れのエントリー方法であっても、参加料の事務局が参加料の振込を確認した後に、申込者に対してハガキを送付します。

ハガキが手元に届いた事によって、正式エントリーとなります。

特にオンラインエントリーを選択した方で、参加料の振込忘れによる問い合わせが多いそうなので、気を付けましょう。

 

 

 ●定員

全種目総数で5,000名

 

●コース

今年からコースの一部に変更があった石垣島マラソンですが、10㎞部門については高低差は20m程なので、それほどアップダウンに苦しめられる事はないでしょう。

10kmコース

石垣島マラソンコース

23㎞部門については、17㎞地点までは最大でも30mのアップダウンが数回ある程度ですが、17㎞地点~18.5㎞地点は100mを超えるきついアップとなり、

  20㎞地点にかけて70m近い下りとなっています。この急激なアップダウンがかなり難関になると思われます。

23kmコース

石垣島マラソン コース

フルマラソンでは、16㎞関門地点を過ぎた頃から、細かなアップダウンが続き、24㎞~25㎞地点にかけて40mの上り、25㎞~28㎞にかけて60mの下りになっています。

10m~20mのアップダウンが何度もあり、平坦な場所は3㎞~8㎞、10㎞~13.5㎞あたりしかないので、アップダウンの繰り返しに向けたペース配分、体力維持がキーになるでしょう。

フルマラソンコース

石垣島マラソン2014 コース

 

過去の気温と対策

過去5年間の大会当日天候と気温、湿度は以下の通りです。

 

第07回(2009年) 天気:曇 気温:11~15.4℃ 湿度:59%

第08回(2010年) 天気:曇 気温:16.3~21.7℃ 湿度:71%

第09回(2011年) 天気:晴 気温:17~22.9℃ 湿度:66%

第10回(2012年) 天気:曇 気温:17~18.6℃ 湿度:84%

第11回(2013年) 天気:雨 気温:14.4~19.1℃ 湿度:83%

 

過去の天気を見ると、曇りの日が多く、晴天の南の島というイメージが強いですが、1月の石垣島は曇りと晴れは半々の様です。

気温と湿度は高めなので、晴天であれば気温が高くなる事が予想できるので、暑さ対策が必要になるでしょう。

湿度は冬場にしては高い為、汗が蒸発しにくい状態になると思われます。

体内への水分補給はもちろん、暑さを感じる様であれば水を体にかける等して、体温を下げる様にしましょう。

 

会場周辺の宿泊ホテル、ツアー情報

石垣島マラソンの大会事務局では宿泊先の紹介は特に行っておらず、大会の参加予定者は予め交通手段と宿泊先の確保が必要になります。

参加者受付は大会前日の14時~18時に行われる為、前泊は必須です。

タビックスジャパンが大会オフィシャルツアーを催行予定となっていて、羽田・関西・名古屋・福岡の主要空港の他、新潟・小松・静岡・岡山・高松といった、

地方空港発着のコースも設けるそうなので、空きがある様であれば、オフィシャルツアーを利用するのも手です。

オフィシャルツアーを使うと、コースの下見や空港及び大会会場への送迎等、メリットは多くあります。

個人で手配する場合は、JTBの旅行会社のサイトを使うと、ホテルや旅館のみの予約も可能ですし、

フリープランのツアーで交通手段と宿泊先をまとめて予約する事もできます。また、空き状況を把握できるのも助かります。

<周辺のホテル>

かりゆし倶楽部ホテル石垣島

大会会場まで車でおよそ20分程の距離で、市街地から離れた丘の上にあり、豊かな自然に囲まれた静かなホテル。

お客様満足度が常に高く、大人の隠れ家として利用する人も多い。

マラソン大会への参加と、リゾート気分を味わう観光を両方楽しみたいと考えている人におススメ。

 

石垣リゾートグランヴィリオホテル

大会会場まで車で15分。八重山諸島がロビーから一望できる絶好のロケーションにあり、客室もゆったりと広い。

大浴場やスパの設備もあるので、ゆっくりと体を休める事ができる。

 

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

大会会場へは車の移動で10分ちょっとで到着する。広い客室が沢山用意され、リラクゼーション施設も充実しており、

石垣島で最大のリゾートホテルとも言える。

 

石垣島マラソンは、女性誌のFRaUが企画協力していることもあって、大会公式ホームページも淡いピンク色の色調で南の島のほんわかとした

暖かさが伝わる様なデザインになっています。タビックス主催のオフィシャルツアーはFRaUとのコラボレーションツアーでもあり、

マラソン大会終了後に行われる交流パーティに加え、オフィシャルツアー参加者のみが参加できる懇親会という名の後夜祭もあり、

ゲストランナーのトークショーがあったり、FRaUタイアップの記念品がもらえるそうです。

女性のマラソン大会初参加には、コースは少々厳しいものの、各部門の女性参加者は今年から新設される「ウィメンズの部」に登録される等、

走る女性にフォーカスが当たる石垣島マラソン大会がおススメかもしれませんね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す