お年玉をあげる意味。相場は?何歳から?小学生、中学生、高校生。

<スポンサードリンク>


お年玉をあげる意味。相場は?何歳から?小学生、中学生、高校生。

 

子供達にとってお正月の楽しみと言えば「お年玉」ですね。

もらったらすぐに欲しい物を買う子もいれば、堅実に貯金しておく子もいたり、

はたまた親が預かっておくと言って、自分の自由には使えない子もいたりします。

ご家庭によっては、現金ではなく、図書券や文具券の様な学用品に使える商品券にしてあったりと、

あげる方も無駄遣いをさせない様に一工夫されているケースもある様です。

そもそも、なぜお正月にはお年玉をあげる風習があるのでしょうか。

お年玉

 

 

お年玉について

門松や鏡餅を飾るお正月行事は、新年の神様である「年神」を家庭にお迎えし、もてなすという意味合いがあり、

年神は新年の幸福や恵みと一緒に、魂をも与えてくれるものと考えられていました。

 

年神は家庭に飾られた鏡餅に宿るとされていた為、鏡餅は年神の魂(御魂:みたま)でもありました。

鏡餅の餅玉を年神の魂(年魂:としだま)として、一家の家長が家族の皆へ「お年玉」と呼んで分け与えていたのが、

お年玉の始まりです。現在では、新年に子供に与えるお小遣いの様な感覚になっていますが、本来は、年神の魂の代わりである、

お餅の玉がお年玉だったのです。

 

もらったお年玉である餅玉をお雑煮に入れて食べる事で、自分の体内に年神の魂を取り込んでいた為、お雑煮には必ずお餅が

入っています。現代では、鏡餅ではなく、切り餅や丸餅など市販のお餅を入れて食べてしまうお雑煮ですが、

本来ならば、年神の魂が宿った鏡餅を鏡割りした後に頂くのが正しいのかもしれません。

 

奈良県にある葛木御歳神社のご祭神は年神であり、1月1日の午前0時より行われる歳旦祭にて、年神の御魂が宿った御歳玉の

お餅をお配りしており、この御歳玉をお雑煮に入れ、家族で無病息災を祈って食べる様に言われています。

尚、御歳玉は1月4日頃までお配りしているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お年玉の由来にはもう一説あり、年の賜物であるから「としだま」と呼んだという言われもあります。

 

 

相場はいくら?

親戚同士で子供達にあげるお年玉の金額やいつまであげるのかを相談して決めてあったりするご家庭もあると思いますが、

現在のお年玉相場はいくらぐらいなのでしょうか。

 

幼稚園以下の子供・・・1,000円もしくはそれ以下。

まだあげなくても良いと考えているご家庭も多く、現金よりもおもちゃの方が喜ばれるからといって、おもちゃをあげるケースも多いそうです。

親戚や友人の子だからといって、3,000円以上のお年玉をあげる人もいる様です。

 

 

小学校(低学年~中学年)の子供・・・1,000円~5,000円。

小学生になればお年玉をもらわない子は殆どいない様です。低学年の子供に5,000円はかなり大金の様な気もします。

 

小学校(中学年~高学年)の子供・・・3,000円~10,000円。

高学年にもなれば5,000円~10,000円あたりの金額をもらう子供も増えてきますが、一人でも買い物ができてしまう年齢なので、

あまり大金を持たせたくないと考える親御さんは、用途が限定される図書券にしたり、親が預かり、子供が必要な時に相談の上で

渡してもらう家庭内銀行にしたり、銀行や郵便局の貯蓄口座を開設する等、お金の管理を学ばせる必要が出てきます。

 

中学生・・・5,000円~10,000円。

中学生になると、休みの日に友達と電車で出かけたりする様になり、友達付き合いにも多少のお金が必要になってくる年頃です。

普段のお小遣いに加えて、多くのお金が手元に入るお正月は、必要以上にお金を持って出かけてしまう心配もありますので、

煩がられるかもしれませんが、親御さんも注意深く見守ってあげましょう。

 

高校生・・・5,000円~10,000円。

高校生になるとアルバイトをして自分でお金を稼いでいるという子供もいて、日々の行動範囲も広がり、

学校帰りの寄り道も多くなるので、お金がかかる、お金が必要だと自ら感じる年頃でもあります。

高校生にもなればお金の管理について親が口を出す機会はそうそう無くなってきますが、

普段、子供がいくらぐらいの金額を持っているのかを把握しておき、生活の変化(急に持ち物が派手になったり、

高額な物を持つ様になった等)を敏感に感じ取れる様にしておきたいところです。

 

現代の子供たちは早くから携帯電話や携帯ゲーム機を持つ様になり、昔と比べると小さな頃からお金がかかる様になりました。

お年玉やお小遣いの金額も平均的に上がっている様で、そのせいか、もらったお年玉に対して「これだけ?」といった感想を抱いたり、

中にはそれを平気で口にしてしまう子供がいるという話も聞きます。

お年玉やお小遣いを当たり前の様にもらうのではなく、感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」と言って受け取れる様な子供であってほしいと強く願います。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す