ゲリラ豪雨(局地豪雨)とは?原因、予報、予測は不可能?対策は?

<スポンサードリンク>


ゲリラ豪雨(局地豪雨)とは?原因、予報、予測は不可能?対策は?

 

ゲリラ豪雨、ここ最近よく聞く言葉になってきましたね。

ゲリラ豪雨は、気象用語と思われがちですが実はそうではありません。

気象用語だと局地的大雨と言われます。ここでは、ゲリラ豪雨で書いていきます。

突然起こるゲリラ豪雨とは一体何なのか。どのように起きるのか、原因などを書いていきます。

その他にも、予測などはできるのか、起きたときの対策など、ゲリラ豪雨について詳しく見ていきましょう。

ゲリラ豪雨

・ゲリラ豪雨とは?

ゲリラ豪雨とは、集中豪雨の中でも降雨範囲が非常に狭く、降雨時間が短いにも関わらず、単位時間あたりの降雨量が非常に多いものを言います。一時間の間にものすごい量の雨が降ります。

ゲリラ豪雨はマスコミなどが使う言葉で、局地的大雨は気象用語として使われています。

ゲリラ豪雨は、大気の状態が不安定なときに積乱雲が急発達することにより発生するそうです。

起きる前に兆候がいくつかあるので確認してみましょう。

①   冷たい風が吹く

②   暗い雲が近づいてくる

③   雷が近くで発生した

このような事があれば、もしかするとゲリラ豪雨が起きるかもしれません。

兆候が見られたときは焦らず、何か情報が出てないか気象情報を確認しましょう。

 

・予報、予測はできる?

ゲリラ豪雨の積乱雲は、数分から数十分で急速に発達します。

低気圧や前線に伴う雨とは違い、場所を特定するのはとても困難です。

地域が限られるためレーダー観測網では捉えにくいのが特定の困難な理由の一つです。

なので、先述した3つの兆候を感じ取ったら、すぐに屋内に非難しましょう。

 

・ゲリラ豪雨の被害と対策は?

ゲリラ豪雨の被害について見ていきましょう。

ゲリラ豪雨が起きると、低地が冠水、河原の反乱・急な増水など様々な水害が多くみられます。他にも、土砂災害にも注意が必要です。雨により土砂が緩み危険性が増しています。

このような事態が起きたときは、あわてずに正確な情報をきちんと知ることが重要です。

他にも、近くに急傾斜地がある場合は、無理してそこを通らず、遠回りでも安全な道を通ることをお勧めします。

 

このようにゲリラ豪雨は、様々な被害を与える集中的な豪雨です。

どこで突然起こるか予想がつかないので、兆候が見られた場合まずは気象情報を確認することが重要です。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す