箱根駅伝2014応援、穴場スポット(場所)のオススメ。増上寺?高島町?

<スポンサードリンク>


箱根駅伝2014応援、穴場スポット(場所)のオススメ。増上寺?高島町?

 

正月2日と3日の午前中は、箱根駅伝のテレビ中継を必ず観ているというご家庭はきっと多いと思います。

出雲、全日本、箱根はの学生の3大駅伝とも呼ばれ、特に箱根駅伝はお正月の風物詩になっていて、

熱狂的なファンも多く、毎年沿道に出て応援しているという人もいらっしゃる程です。

さて、箱根駅伝の応援を沿道でしたいと思った場合、どこに場所を取れば良いのでしょう。

往路ゴールの芦ノ湖か、復路ゴールの大手町で大歓声の応援を送るのか?

それとも途中の地点に陣取って、あまり人が多くないところからエールを送るのか?

箱根駅伝の応援穴場スポットをチェックして応援に出かけましょう。

箱根駅伝2014 穴場

 

 

箱根駅伝の応援、穴場スポット

箱根駅伝は往路1区~5区、復路6区~10区に分かれている為、全ての区間で応援するというのは無理難題とも言えます。

ゴールシーンを見たいのか、写真を撮りたいのか、はたまた少しの距離でも構わないから一緒に走りたいと思うのか、

これらの目的によって、応援する区間やポイントを絞るのが理想的です。

 

<1区・10区 大手町⇔鶴見中継所>

スタート地点の大手町は出場校の関係者やチアリーダー等の応援団に加え、一般の応援者も多く集まる場所なので、

場所取りが難しいところです。

箱根駅伝2014 応援スポット

 

ただ、選手が集団で走っていく様子を見る事ができるポイントでもあります。

穴場スポットは、増上寺近辺と日比谷交差点。どちらも集団であっという間に過ぎてしまいますが、集団の迫力ある走りを

見る事ができます。

増上寺近辺


大きな地図で見る

日比谷交差点

大きな地図で見る
復路の10区では、ゴールの瞬間である大手町の観戦をしたいところですが、大混雑は間違いありません。

ゴールの瞬間ではなく、ゴールに向かう選手の必死の走りを見たいのであれば、京急蒲田駅前あたりが穴場となります。

京急蒲田駅前

大きな地図で見る

 

<2区・9区 鶴見中継所⇔戸塚中継所>

レースが動く花の2区では、長い上り坂があり、各校のエースが肩を並べる見ごたえのある区間です。

穴場スポットは、横浜駅周辺の国道1号線沿いです。ただし、横浜駅前は人が多いので高島町あたりまで移動しましょう。

ここまで移動すれば1列目で観戦できる可能性が高くなります。

高島町

大きな地図で見る
復路の9区は往路と同じく逆転のレース展開になる事もあり、応援にも熱がこもる区間です。

新子安等の京急線沿線での観戦が混雑回避の穴場スポットです。

大きな地図で見る

 

<3区・8区 戸塚中継所⇔平塚中継所>

正面には富士山を見据え、左側には相模湾という景勝地のコースは、応援をするには鉄道の駅から遠い為、少々不便さを感じる区間です。

穴場スポットは、藤沢橋、南仲通り、藤沢駅北口入口の各交差点です。藤沢橋の交差点は遊行寺の長い坂から降りた地点で見通しが良いポイントなのですが、

選手間のタイム差がかなり出ているポイントでもあるので、応援をするのに間が空いてしまう事があります。

尚、復路の8区においても同じポイントでの応援がお勧めです。

藤沢橋

大きな地図で見る

南仲通り

大きな地図で見る

藤沢駅北口入口


大きな地図で見る

 

<4区・7区 平塚中継所⇔小田原中継所>

全区間中で最短距離となる4区ではスピードランナーが登場します。JR東海道線に沿ったコースなので応援しやすく、

大磯、二宮、国府津の3駅においては駅前での観戦が可能です。

穴場スポットは、二宮駅入口交差点、国府津駅前交差点の付近で、駅にも近い上、全大学のランナーをじっくりと観戦する事ができます。

二宮駅入口交差点

大きな地図で見る

国府津駅前交差点


大きな地図で見る

 

復路では、往路の穴場でもあった、JR東海道線の二宮駅周辺が最前列で観戦できる可能性が高いです。

 

 

<5区・6区 小田原中継所⇔芦ノ湖>

天下の剣と呼ばれる箱根の山を登る5区は、往路最大の見どころです。箱根湯本駅を過ぎたあたりから、本格的な上りとなる為、

選手の踏ん張りどころとも言えます。

穴場スポットは、湯本、大平台、宮ノ下、小涌谷で箱根湯本で厳しい上りに挑むところの選手を応援するか、

大平台駅近辺、宮ノ下駅近辺、小涌谷駅からホテル小涌園あたりのポイントで苦しい選手を励ます応援をするかの選択です。

湯本

大きな地図で見る

大平台

大きな地図で見る

宮ノ下

大きな地図で見る

小涌谷

大きな地図で見る

 

復路の6区では、朝が早い為、箱根か小田原周辺に一泊してから移動するのが望ましく、往路の応援スポットでもあった大平台駅近辺及び、

箱根湯本駅近辺で観戦するか、箱根登山鉄道の風祭駅で下車し蒲鉾の鈴廣前で観戦するのがお勧めです。

大きな地図で見る
自分の出身大学が参加していれば、もちろん出身大学を応援すると思いますが、各大学では箱根駅伝コースにおける応援ポイントを設けています。

同窓の仲間や、母校を応援してくれる人達と一緒になって応援したいという方は、各大学から発表されている応援ポイントをチェックしてみて下さい。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す