年越しそばを食べる意味、タイミング、由来は?地域差、地域別?

<スポンサードリンク>


年越しそばを食べる意味、タイミング、由来は?地域差、地域別?

 

大晦日は紅白歌合戦や年越し特番のテレビ番組を自宅でゆっくり観ていたいと思うのですが、

おそば屋さんは朝から大忙しで、残念ながら火事で焼けてしまった神田の藪蕎麦なんかでは、

年越しそばを求めて並ぶ人の列や、そばを堪能する人の様子がよくテレビで中継されていました。

年末ならではの光景ではありますが、そもそもなぜ年末にそばを食べるのかよくわからずに、

なんとなく、年末=そばという感覚で食べている人もいらっしゃるでしょう。

今年の年末は、日本全国に定着している年越しそばの風習について、その意味や由来について知った上で、

年越しそばを食べてみましょう。

年越しそば 意味

 

年越しそばについて

年越しそばは、12月31日の大晦日に縁起を担いで食べるという日本の文化かつ風習です。

そばは他の麺類に比べて切れやすい為、

「一年の災厄を断ち切る」

という意味が込められていたり、細く長いそばの麺に、延命や長寿の願いを込めたものであるという説が有名です。

 

年越しそばの風習は江戸時代の日本には既に定着していた様で、江戸時代中期の商家では、月の末日にそばを食べる三十日(みそか)そばという

習慣があり、この習慣が後に大晦日だけにそばを食べる習慣に変わっていき、年越しそばになったと考えられています。

その頃の江戸では江戸患い(今でいう脚気)が流行していた為、「そばを食べている人は脚気にならない」という噂話が民衆の間に流れた事も、

そばの流行りを決定的にしたと言われています。

基本的に年越しそばは縁起が良い物として扱われていますが、年を越してから食べるのは縁起が悪いとされたり、

そばを残してしまうと、新しい年は金運に恵まれないという言われもあります。

 

年を越してから食べるのは縁起が悪いという言われもありながら、福島県の会津地方では、昔から1月1日(元旦)に食べる習慣だそうです。

また、新潟県では、福島県同様に元旦にそばを食べる風習もあれば、1月14日(小正月の前日)にそばを食べる「十四日そば」という風習も残っています。

他の地域では、大晦日の夜に夕食として食べたり、除夜の鐘を聞きながら、名前の通り年越しをしながら食べるという人が多いですが、

特に決まった時間帯やタイミングは無く、大晦日の日のうちに食べるそばは全て年越しそばとして括られているのが現状です。

 

呼び方も様々で、年越しそばの他には「晦日そば」、「晦(つごもり)そば」等と呼ばれています。

 

 

各地域の年越しそばについて

年越しそばは「これ」といった決まりはなく、冷たいざるそばでも、温かいかけそばでも構いません。

地域によっては、具材や麺の種類に特色がある様です。

 

北海道・・・にしんの甘露煮が入ったにしんそばを食べる事があります。尚、京都府でもにしんそばは人気があります。

年越しそば 北海道

 

岩手県・・・わんこそばを年齢の数と同じ杯数食べる習慣の地域があったそうです。

 

福井県・・・濃い目のつゆを大根おろしでのばしたものをそばにかけ、鰹節とネギをのせた越前そばを食べる事があります。

年越しそば 福井

 

香川県・・・そばの代わりに讃岐うどんを食べる人もいますが、統計的にはそばを選ぶ人の方が多いです。

 

沖縄県・・・日本そばではなく、ご当地の沖縄そばを食べる人の方が多いそうです。

 

尚、全国区では、もりそば、ざるそば、かけそばといったスタンダードなものから、天かすののったたぬきそば、甘いお揚げののったきつねそば、

天ぷらののった天ぷらそば、玉子焼きやしいたけ、蒲鉾、ほうれん草が入ったおかめそば等が食べられる様です。

 

ちなみに関西では、油揚げの入ったそばは「たぬきそば」と呼びます。

 

喪中の方の場合は、年賀状を始め、お正月を祝うという事を控えますが、年越しそばに関しては祝賀ではなく、

長寿の願いや災厄を断ち切るといった意味合いの為、特に控えた方が良いという事はないそうです。

ご家族の長寿を願って、年末最後に年越しそばで家族団らんという光景が多くの家庭で見られるといいですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す