ネギトロの語源、意味、由来。回転寿司のネギトロはマグロじゃない?油?

<スポンサードリンク>


ネギトロの語源、意味、由来。回転寿司のネギトロはマグロじゃない?油?

 

お寿司を食べに行ったとき、よく食べるネタは何でしょうか?

大トロ、中トロなんかは値段も高めで、食べるかどうか迷うところもあると思いますが、

手頃に食べられるネギトロだったら、気安く食べられるのではないですか?

トロの部位を使っているのかと思いきや、実際は、骨の隙間にある赤身(中落ち)や、

筋の多い、皮の裏などの脂身をこそげ落としたすき身にネギを散らしたものをネギトロと呼んでいるのです。

ネギトロ 語源

 

 

ネギトロの語源、由来は?

一般的には、野菜のネギ脂身のトロッとした部分を使っている事から「ネギトロ」という名が付いた事になっていますが、

マグロの中落ち部分をこそぎ取る事を「ねぎる」、「ねぎ取る」とも言った事から、「ネギトロ」になったという説もあります。

鮮魚業界では、ねぎる、ねぎ取るとは言わず、包丁の背や貝殻を使って「すき取る」事から、「すき身」と呼ぶそうです。

 

特にマグロの後頭部の脂肪の層と層の間の部分から取り出した中落ちは絶品とされていて、それにネギを合わせる事で、

トロの脂とネギのすっきりとした感じが最高に合っていると評価されて生まれたメニューだという話もあるそうです。

当初、ネギトロは寿司店の賄いや隠しメニューとして扱われており、本マグロを1本丸ごと買い付けできる様な大きな寿司店でしか

出ない寿司ネタで、一尾のマグロからネギトロの材料になる部分は多く取れない為、本来は高価かつ希少な寿司ネタでした。

 

今では、中落ちやすき身部分以外にも、マグロの切り身を叩いてペースト状にしたものもネギトロと呼ばれています。

自分ですき身を作るのは難しくても、切り身を叩く方法であればご自宅でも簡単にネギトロを作る事ができます。

 

 

回転寿司のネギトロの噂

高価で希少と言われたネギトロも、今では、工業的手法で製造できる様になった為、回転寿司等の庶民的価格で提供する寿司屋を通して広まり、

一般的な寿司ネタとなりました。

 

流通されているネギトロは、キハダマグロビンチョウマグロといった比較的安価な魚を使っており、

それらの材料に魚の油や植物油、ショートニング等の油脂、アミノ酸等の調味料、着色料を加えて味と食感を向上させた人工ネギトロです。

近年ではマグロに色や味の似ているアカマンボウ(マンダイ)の身を使用した物も流通しています。

大手のチェーン寿司店等では、「特に美味しいネギトロを作る事ができる油脂」として評判の高い「トロミユ」を採用しているそうで、

安く買えるマグロをたたきにして、トロミユを7~10%程加えると脂ののったネギトロに早変わりします。

10%加えると、大トロの脂に近くなるのだそうです。トロミユは業務用の販売しかされていないので、一般家庭では購入する事は難しいです。

 

 

スーパー等で売られているネギトロ丼等で脂がのっていて美味しそうに見える物があっても、もしかしたら、油脂成分が多めに混ぜられているのかも

しれないと思うと、少し購入を躊躇してしまいそうですが、捨てられてしまう様な部位を美味しく食べられる様にした工夫と言われると、

食材を無駄にしないという姿勢は受け入れるべきなのかもしれません。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す