おせち2014オススメ。意味、由来、黒豆、伊達巻き?通販事件、詐欺?

<スポンサードリンク>


おせち2014オススメ。意味、由来、黒豆、伊達巻き?通販事件、詐欺?

 

年末が近くなると、スーパーやデパートではおせち料理の材料をはじめとしたお正月用品の売り出しが始まります。

伊達巻や蒲鉾、栗きんとんや黒豆といった定番の食材以外に、サラミやローストビーフの入った洋風おせちや、

ふかひれの姿煮が入った中華おせち等、変わり種おせちも流行っている様です。

おせち2014 オススメ

 

 

オススメのおせち料理

今年は少し楽をして誰かが作った美味しいおせちを食べたいと思っている方や、おせち料理をつくるかどうか悩んでいる方に、

おススメのおせち料理をご紹介します。

 

 博多久松 和洋折衷本格料亭おせち

特大8寸の三段重には45品の食材がぎっしり入っています。このおせち料理は楽天のおせちランキングで常に1位を独走し、

7年連続で楽天グルメ大賞のおせち部門に入賞する等、お客様満足度の非常に高いおせち料理です。

子供から年配の方まで楽しめる様なバラエティに富んだ食材がたくさん入り、味、ボリューム、価格、品質の安全性の

どれをとってもクオリティの高い商品になっています。

 

 

板前魂の花籠 和風三段重

板前、シェフ、マイスターの三人の匠が厳選した素材を使い、中国産食材や合成着色料は一切使わずに完全無添加で

作られたおせちです。各食材の産地を巡り、吟味と味見を何度となく繰り返してたどり着いたおせち料理は、

匠の技と食材の質が光る逸品です。

 

 

割烹料亭千賀監修 おもいやり三段重

愛知県の蒲郡で創業40年余りの歴史を持つ割烹料亭千賀が監修したおせち料理は、過去に千賀のおせち料理を食した

お客様からの要望や意見を反映させた渾身のお重になっています。宅配されるおせち料理は冷凍されている物が多い中、

千賀のおせちは冷蔵で届く為、解凍の手間も無く、蓋を開けた瞬間にその豪華さに大満足されるおせち料理です。

 

 

小樽きたいち メガボリューム本格海鮮おせち 秀峰

財界や著名人からも絶賛されるという本格海鮮おせちは、伝統の食材をはじめ、小樽ならではの海鮮を用いた食材が

ぎっしりと8寸の大きな重箱に詰まっています。蟹クリームパイやロブスターの黄金焼等、他店のおせち料理では

お目にかかれない様な食材も入っています。

 

 

おせちを食べる意味、由来。

おせちとは本来、暦上の節句のことを指しており、その際に食べる料理をおせち料理と呼んだ事から、節句の一番最初であるお正月の料理を表す言葉として

使われる様になりました。おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で縁起をかつぐ為、重箱に詰めて提供します。

 

お重の中身は地方や家庭によって異なりますが、四段重ねが基本となっており、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重と呼んでいます。

四の重ではなく、与の重と呼ぶのには理由があり、「四」が「死」を連想させ、縁起が悪いとされている為、与の字を使う様になりました。

一の重…黒豆、数の子、ごまめ(田作り)などの祝い肴

二の重…伊達巻や栗きんとんのような甘いもの

三の重…魚や海老の焼物など海の幸

与の重…野菜類の煮物など山の幸

 

各お重に詰める食材には、縁起物であったり、願いが込められていたりします。

 

黒豆…一年中「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせる様に願う

数の子…沢山の卵がある食材に子孫繁栄を願う

田作り…稲の豊作や五穀豊穣を願う

海老…腰が曲がるまで丈夫でいたいという長寿の願いの他、海老の赤色を魔よけの色としている

昆布巻き…「よろこぶ」 を語呂合わせした縁起物

きんとん…「金団」という字と、食材の金(黄)色から財産、富を得る縁起物としている

紅白なます…紅白の色はおめでたい水引を意味する他、平和を願う縁起のある色としている

 

 

通販事件とは。

2011年のお正月、新年早々メディアを賑わす事件が起きました。

バードカフェというお店が提供する謹製おせち料理がグルーポンの共同購入で半額になる事から、多くの顧客が購入しましたが、

届いたお重の中身はスカスカで、商品イメージの写真とは大きく食い違う代物でした。

おせち 詐欺

 

事件の発端は、2010年の12月31日にグルメ・レストランガイドの食べログに、実際に届いた商品を撮影した写真と共に、広告と著しく内容が異なっている旨の

投稿がなされた事にあります。翌日の2011年1月1日に、バードカフェを経営し、おせち料理の製造責任者でもあった、外食文化研究所が、

おせち料理の内容不足と遅配について謝罪を出し、販売者であったグルーポンも謝罪と返金対応に応じる旨の発表を行いました。

 

1月2日には、この事件がメディアに取り上げられ、外食文化研究所の社長が辞任を発表しています。

3日には食べログからバードカフェのページが削除され、4日には横浜市の保健所が立ち入り検査、5日には当時の消費者相から「景品表示法違反」と言及され、

月末には外食文化研究所とグルーポンがおせちの食品偽装を認め、改めて謝罪する形で収束していきました。

 

品数が圧倒的に少ないだけにとどまらず、高級品キャピアを見た目が似ているホテイウオの卵にしていた等、食品偽装まであったこの事件は、

実物を見ることなく買い物をするネットショッピングに対して、消費者の不安を煽る結果を残しました。

他にも衛生管理にも問題があったそうで、マスクも帽子もせずに普段着でお重を詰めている写真が公開されたり、クール便で届くはずが通常の宅配で届いたり、

お重を開けたら腐臭がした等、もはや人手が足りないという理由では済まされない状況であった様です。

 

 

新しい年を迎え、家族団らんで過ごすお正月。豪華な美味しいおせち料理を囲んで楽しいひと時を過ごしたいものです。

毎日忙しい主婦の皆様も、おせち料理は、正月三が日の間、主婦を家事から解放するという意味もあって、保存の効く食材が中心になっていますので、

どうぞゆっくり休んでくださいね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す