東京マラソン2014応援、穴場スポット。コースに高低差?都市伝説?風水?

<スポンサードリンク>


東京マラソン2014応援、穴場スポット。コースに高低差?都市伝説?風水?

 

2014年の東京マラソン2014年2月23日(祝)に開催が予定されており、既にエントリーも締め切られ、

晴れてランナーとなった方の元へ通知が届いた頃かと思います。

惜しくも抽選に外れてしまった方は、2015年の大会への熱い思いを胸に、2014年大会は応援で参加してみてはいかがでしょうか。

東京マラソン 応援

 

東京マラソンの応援、穴場スポット

 

東京マラソンの中継をご覧になった方はご存知かと思いますが、沿道には音楽やダンスのイベントで盛り上げる団体応援の他、

一般の応援者の方も多数いらっしゃり、場所取りが必要になる箇所も存在している様です。

銀座や浅草といった観光スポットにもなっているところや、ゴール近くのポイントは応援者も一際多く、人垣ができてしまう程です。

せっかくの応援も、ランナーが全く見えない状態では意味がありませんので、ランナーに声が届きやすい穴場応援スポットに場所を

取りましょう。

 

飯田橋近辺(スタートから5㎞)

スタートして間もないポイントの為、スピードに乗った車いすランナーや招待選手の走りを目にする事ができます。

また、一般ランナーも殆ど集団の状態で走ってくるので、その迫力に圧倒されるでしょう。

ただし、集団で走っている為、個人を発見するのは非常に難しいです。

 

飯田橋へは、JR総武線の各駅停車、東京メトロ東西線、有楽町線、南北線、都営大江戸線でアクセスが可能で、

非常に便利なポイントにも関わらず、品川や浅草等と比較すると応援の穴場スポットになっています。

集団で走ってくるところなので、個人的に応援したい人がいる場合には見つけにくいという点が影響しているのかもしれません。

 

飯田橋近辺の応援スポットは、外堀通り及び飯田橋交差点から目白通りの道となります。

大きな地図で見る
茅場町近辺(スタートから25㎞)

茅場町から浅草に向かう沿道は応援者が比較的少なく、個々のランナーをゆっくり見る事ができるポイントです。

茅場町へは東京メトロ東西線、日比谷線でのアクセスが可能です。

茅場町はオフィス街の為、大会が開催される祝日は殆ど人通りが無く、飲食店もお休みしているところが多かったりします。

応援者の人も喉が渇いたり、小腹がすいたり、トイレに行きたくなったりしますので、周囲にお店の様な施設がが少ないところだと、

不便を感じるかもしれません。

 

茅場町近辺の応援スポットは、日本橋方面から茅場町一丁目にかかる永代通り沿いになります。

大きな地図で見る
佃大橋近辺(スタートから35㎞)

佃大橋は東京メトロ有楽町線の月島駅か新富町駅のどちらかを使うしかアクセス手段がない為か、応援者が他の地点に比べて非常に少ないです。

ランナーからすると、もうレースも終盤に入っていることに加え、佃大橋周辺は高低差が約10m、距離にして約100mもある上り坂の

難所となっていて、苦痛に顔をゆがめる人も多くなるところです。ですから、ここで応援してもらえるとランナーは一番嬉しいはずなのです。

 

ただし、佃大橋の上は海風が強いので、寒空の中で海風にさらされながら応援するのにも、かなり体力が必要です。

 

佃大橋の応援スポットは、隅田川にかかる都道473号線(佃大橋通り)上になります。

大きな地図で見る
 

コースに都市伝説の噂?

東京マラソンのコースはどの様に制定されたかご存知ですか?

東京を代表するスポットを巡る様に設定されたのでは?と思いがちですが、巷では、コースにまつわる都市伝説が囁かれている様です。

 

データ収集の為の東京マラソン開催説

東京マラソンでは多くの幹線道路をコースに採用していますが、その理由は、有事の際に人は都心をどの様に動くのかを知る為だったという説です。

数万人の人間が幹線道路を移動した時に起こる路面や空気の振動、移動に伴って発生する問題の有無等、あらゆるデータを収集する目的で、

東京マラソンのコースが決められたという話に加え、政治の中心地である霞ヶ関を中心に東西南北の全方角にコースを作る事で、

霞ヶ関を襲う直下型地震があった場合に、要人はどのルートで逃げれば良いのかというデータも集める目的があったとも言われています。

東京マラソン 都市伝説

 

 

風水の力を利用したマラソン大会説

東京マラソンのコース図を眺めてみると、卍型の様な風車の様な形をしている事に気付くと思いますが、

この形をしているのには意味があると言われています。

霞ヶ関を中心にして、風車が回る様に人を移動させ、その人の流れを利用して、都心部に良い気を送る為、風水をベースに考案されたという説です。

 

 

今年は穴場の応援スポットへ行ってみようと思われた方、どの場所からでも必死に走るランナーからすれば応援は嬉しく、

そして励みになるものですが、やはり佃大橋のきつい状況での応援は何よりも力になるという経験ランナーの声に応え、

ぜひ佃大橋で大声援を送ってください。ちなみに佃大橋の終わりに近い箇所では、東京スカイツリーが見えますので、

まだスカイツリーを見たことが無いという方にもおすすめのポイントです。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す