勤労感謝の日2013プレゼントのオススメ。ネクタイ、財布、腕時計。

<スポンサードリンク>


勤労感謝の日2013プレゼントのオススメ。ネクタイ、財布、腕時計。

 

11月23日は勤労感謝の日ですが、この祝日は1948年に、「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」として法律で定められました。

もともとは、国家の重要行事である新嘗祭と呼ばれる農作物の恵みに感謝する式典が行われる日でしたが、労働は農業に従事して生産を行うだけでなく、

あらゆるサービスや職業において広く発生するという考え方から、今日の勤労感謝の日が制定されたと言われています。

 

さて、この勤労感謝の日に何かプレゼントをしたり、サービスをしたりといった形で日頃の感謝を形にしたことがある人、または、毎年それが習慣になっているという人は

どの程度いらっしゃるでしょうか。実際のところ、お誕生日や父の日、母の日にお祝いしているからといって、何もしていない人の方が多い様な気がします。

今年の勤労感謝の日は、ちょっとしたサプライズで何かを贈ってみてはいかがでしょうか。思いがけないプレゼントにきっと喜ばれる事と思いますよ。

勤労感謝の日2013 プレゼント

 

勤労感謝の日にオススメのプレゼント

 

勤労感謝の日のプレゼントは、お父様、お母様への日頃の感謝の他、毎日頑張って働いている自分に対してご褒美プレゼントを贈るというのもアリですね。

 

<お父様へのプレゼント>

 

ネクタイ

スーツでお勤めに出ているお父様の場合は、ネクタイはほぼ毎日着けていらっしゃると思います。

使用頻度が高い物なので、やはり長年使えば汚れや擦り切れ等の使用感が目に見えてきます。

勤労感謝の日ですから、少し奮発してGUCCIやHERMES、PRADA等の高級ブランドネクタイや、シルクの様な高級素材に拘ったネクタイを選ぶのも良いですね。


 

財布

財布もほぼ毎日の様に持ち歩く物なので、劣化が激しくなる事もありますが、使用感が出ているところに愛着を持たれている人もいますし、

長財布が良い人もいれば、二つ折りが好きな人もいますので、購入する前に普段はどのタイプの財布を使っているか、

もし買い替えるならどんなのが欲しいと思っているか、色や素材等をリサーチしておくのが良いでしょう。

 

腕時計

腕時計は、何本も所持していてその日のスタイルや気分に合わせて選ぶ人もいれば、一つの時計を長く使う人など、好みが分かれるアイテムです。

例えば、仕事にもプライベートにもいつも同じ時計を付けている方であれば、ベルト部分を交換できる時計をプレゼントしてみたり、

ランニング用、登山用、釣り用等、その人の趣味に使える様な腕時計をプレゼントするのも喜ばれそうです。

 

<お母様へのプレゼント>

 

有名店の洋菓子

並ばないと買えない、お取り寄せしないと買えないといった、なかなか購入できない有名店のお菓子を、美味しい紅茶やコーヒー等と

一緒にさりげなくお出ししてみては?あまり日持ちしないお菓子であれば、ご家族とご一緒に団欒を楽しみながら頂くのも良いですね。

レストランでの食事

労働というと、会社やお店で働くという事を指すのが一般的ではありますが、家事や育児もいわば労働ではないでしょうか。

ちなみに、平成23年度の家事や育児に充てられた無償労働を換算した金額は、過去最高の約138兆5千億円に上ると言われています。

そんな働くお母様に、たまにはゆっくり外での食事を楽しんでいただくのも、素敵な勤労感謝のプレゼントになりますね。

 

旅行

会社勤めの人は土日祝日や、決まった定休日は休めるかもしれないが、主婦は365日、食事の支度や掃除洗濯が待っているので休めないという話を

よく耳にします。今でこそ、男女平等の社会という風潮から、家事を手伝う男性や率先して炊事洗濯等をやる男性が増えていますが、

女性は家を守るのだから家事をして当然だという昔ながらの考え方の人も少なからずいらっしゃいます。

女性が唯一家事から解放されるのは、旅行の時ぐらいではないかと思います。上げ膳据え膳、布団も敷いてもらえるし、こんなに楽な事はないと

大喜びされる事でしょう。尚、勤労感謝の日をターゲットにした親孝行プラン等を用意している旅館やホテルも多いです。

 

 

<自分へのプレゼント>

 

スイーツ

お母様へのプレゼントでもお勧めしている有名店の洋菓子や、大好きだけど普段は買えない様なちょっと高価なお菓子を買ってみたり、

コンビニスイーツを大人買いする等、自分にとって特別なスイーツを十分に楽しむ時間は至福の時とも言えますね。

 

 

マッサージ、スパ、エステ等へ行く

ホテル等のエステサロンでマッサージを受けたり、スパ施設でゆっくりと体を休めたりするのも、明日の自分への活力に繋がるのでは

ないでしょうか。例えば、ご両親への勤労感謝のプレゼントとして家族旅行にご招待し、自分は滞在先でスパやエステを満喫するという

プランもお勧めです。

勤労感謝の日2013 エステ マッサージ

 

日本人は身近な人に対して程、ありがとうを言えない不器用な気質だと言われています。実際、同僚に対してありがとうという人は9割近いのに対し、

自分の親に対してありがとうと言う人は6割程しかいないそうです。特に50代男性は一日平均4.3回しか言わず、日本人の一日平均7.5回の約半分にしか

満たないという実態も分かっています。照れくさい気持ちもわかりますが、感謝のこもったありがとうを言ってもらえる事が何よりの嬉しいプレゼントに

なるかもしれません。今度の勤労感謝の日には、プレゼントと一緒にありがとうの言葉も忘れずに贈りましょう。忘れずに贈りましょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す