海外旅行で必要なものリスト。便利なアイテムは変圧器?エアーピロー?

<スポンサードリンク>


海外旅行で必要なものリスト。便利なアイテムは変圧器?エアーピロー?

 

7年後の2020年夏季オリンピックの東京招致が成功に終わり、早い人は今から何の種目を見に行くか考えているなんて

話も耳にしますが、まずは、2016年にブラジルのリオデジャネイロでオリンピックが開催されます。

日本から考えれば、地球の裏側に当たるブラジル。日本からの直行便はなく、乗り継ぎを含めて25時間以上かかるのですが、

サッカーのワールドカップの開催やオリンピックの開催で日本からの観光客も増加傾向にあるそうです。

日本国内の旅行と違い、異国への旅には何を持って行ったらいいのか、あれもこれも必要かもしれないという考えで、

荷物は増える一方になりがちです。帰国してみれば結局不要だった物も多いはず。

本当に必要なもの、便利なものを厳選して荷造りをしましょう。

海外旅行 必要なもの

 

海外旅行で必要なもの、便利なものリスト

海外旅行をするにあたり、本当に必要となる必需品、あったら便利で使用頻度も高いと思われる便利品をリストにします。

 

<必要なもの>

パスポート・航空券

パスポートが無ければ出国すらできません。しばらく海外旅行へ行かれていない方は有効期限を確認しておきましょう。

ご結婚等で氏名が変わっている方も訂正申請をしておきましょう。航空券の名前とパスポートの名前が一致せずに足止めを食らう事も

あります。

 

クレジットカード

海外のホテル等で、デポジットにクレジットカードの提示を求められる事が多々あります。

VISA、Master、American Express等、国際ブランドのカードであれば、殆どの国で利用可能です。

 

現金(外貨と日本円)

タクシーやバス等、海外で公共の交通機関を利用する予定があれば、外貨も必要になります。

買い物や食事は殆どクレジットカードで済ませる予定であれば、多額の両替は不要です。

海外でも日本円から外貨へ両替できるところもありますし、帰国してからの移動は日本円も必要なので、

多少の日本円も所持しておきましょう。

 

スーツケース

特に海外のエアラインを利用する場合は、頑丈なスーツケースを用意しましょう。

かなり乱暴に投げられたりしますので、傷がついたり、へこんだりする事も多々あります。

アメリカ本土やハワイ等、アメリカ領へ行かれる方は、TSAロックのスーツケースやベルトを利用しましょう。

TSAロックのスーツケースであれば、カギをかけたまま航空会社へ荷物を預ける事が可能です。

常備薬

頭痛薬か風邪薬、胃腸薬は日本で飲み慣れているものを持参しましょう。

海外でも購入できますが、市販薬が強すぎる場合もあります。

 

変圧器

デジカメや携帯の充電等をする場合、海外では日本と電圧が異なりますので、変圧器を持参しましょう。

アジア、アメリカ、ヨーロッパ等、エリアによって対応するコンセント形状が違う為、旅先のコンセント形状や、

電圧についてガイドブック等で調べた上で準備しましょう。

<便利なもの>

 

携帯スリッパ

旅行用のスリッパは飛行機の機内で便利です。長時間のフライトは足もむくむ為、履いている靴を脱いで過ごしたくなります。

しかし、トイレへ行ったり移動する事もある為、都度靴を履いたり脱いだりしなくて済む様に、携帯スリッパを履いて過ごしましょう。

携帯スリッパは機内のみならず、滞在先のホテルでも利用できるので重宝します。

 

エアーピロー

機内に簡易の枕が用意されていますが、寝ているうちにずり落ちてきますし、首が固定されないのでなかなか姿勢が定まりません。

エアーピローがあれば、頭を楽にもたげる事ができるので、眠りやすくなります。

 

電子辞書

翻訳機能が付属している電子辞書があれば、海外旅行で会話に不安を覚える人でもコミュニケーションが取りやすくなります。

自分が伝えたい内容を表示して相手に見せたり、相手に表示してもらう等で会話が成り立つ事でしょう。

電子辞書以外にも、同じ様な機能があれば携帯のアプリでも良いですね。

 

国際運転免許証

海外でレンタカーを借りる予定であれば必須となりますが、ハワイ等、日本の運転免許でも運転可能なところもあります。

国際運転免許証は身分証明書の代わりにもなります。例えば、ハワイではスーパーやホテルのコンビニエンスストアでお酒を買おうとすると、

身分証明書の提示を求められる事があります。特に日本人は童顔に見られる為、若い人は大抵、年齢確認ができる書類を見せる様に言われます。

パスポートは貴重品として金庫に置いてくる人も多いので、国際運転免許証を持っていれば買い物を諦めたり、パスポートを取りに戻らなくても

良くなります。国際運転免許証は運転免許センターや試験場であれば即日公布、指定警察署では2週間程で発行されます。手数料は¥2,400です。

海外旅行 国際運転免許証

 

ここ数年、日本国内でも韓流ブームで盛り上がりを見せていた韓国ですが、領土問題が引き金となり、人気旅行先のトップ5から姿を消しました。

今は、台湾人気がジワジワと高まっている様で、2012年~2013年にかけての年末年始、2013年のゴールデンウィークと夏休みの3回連続で人気旅行先のトップに入っています。

近いので短期間で行って来られる事や、価格も手ごろである事、治安も比較的よく公共交通機関も発達しているといった理由で、女性や一人旅で訪れる人に特に人気がある様です。

グアムやサイパンであれば3時間程度で行ける身近な海外ですし、少しまとまった休みが取れれば、海外旅行も難しくはありません。今から計画すれば冬休みの海外旅行も間に合います。

冬休みを海外で過ごし、異国のクリスマスやニューイヤーを味わうのも、なかなかできない経験ですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す