IH対応フライパンの種類、洗い方は?人気おすすめブランド、メーカーは?

<スポンサードリンク>


IH対応フライパンの種類、洗い方は?人気おすすめブランド、メーカーは?

 

最近では新築住宅、リフォーム住宅のどちらにおいても、オール電化住宅の採用が増えているそうです。

オール電化住宅にすると、オール電化専用の電気料金プランを契約する事ができ、経済的なメリットがあるのも理由です。

また、オール電化になると、ガスコンロではなく、IHクッキングヒーターを使うので、ガスの炎による火災の心配がないという安心もあります。

 

さて、晴れてオール電化住宅へお引越しが決まったら、今お使いになっている調理器具を確認して下さい。

もしかしたら、今お使いのフライパンお鍋が新居のIHクッキングヒーターでは使えない可能性があります。

IH対応フライパン 種類

 

IH対応フライパンの種類は?

IH対応のフライパンは、材質、加工においてガス専用フライパンの種類と違いは殆どありませんが、IH調理器はフライパンや鍋自体を発熱させて調理するので、材質によってはIH調理器では使えません。

IHクッキングヒーターがステンレス加熱対応だと銅製とアルミ製のフライパンは使用できませんが、オールメタル加熱対応であれば使用可能です。

普通のフライパンとは何が違うのか?

IH対応フライパンがガス用フライパンと大きく違う点は、フライパンの直径が12~26cmで、底面が平らに作られている事です。

これは、IHクッキングヒーターの温度感知センサーに正確な温度感知をさせる為です。

フライパンの底の汚れはどうやって落とす?

IH対応フライパンの底面を見たことはありますか?IH対応フライパンの底は、渦の様だったり、ミズタマ模様だったり、

何かしらデザインがされている様な感じになっています。これは、IHクッキングヒーターの強い出力で調理器具(フライパンや鍋)が変形し、

IHクッキングヒーターのテーブル部分に密着できずに、正しい熱伝導ができなくなる事象を防ぐ為の加工です。

IH対応フライパン 洗い方 IH対応フライパン 底

 

IHクッキングヒーター側が汚れていたり、高温調理をした場合は、フライパンの底が汚れたり、茶色い焼けシミが出来る事があります。

基本的には、中性洗剤をつけて柔らかいスポンジで洗いますが、汚れが落ちない時は、中性洗剤ではなく、クリームタイプのクレンザーをつけて、こすります。

 

人気ブランド、メーカーのIH対応フライパンは?

ガス専用のフライパンを製造しているメーカーの殆どはIH対応のフライパンも製造しています。

価格と品質のコストパフォーマンスが良いのがティファールで、主婦を中心に人気があります。

プロのシェフも利用するフィスラーのフライパンも、最初に安いフライパンを買って失敗した方が高品質を求めた買い替えの際に選ばれている様です。

国内の鋳物を生産するメーカーでも、IH対応フライパンを製造しており、その丈夫さから長く使いたいと考えている方に人気です。

錦見鋳造の「魔法のフライパン」、川口鋳物のフライパンが、メディアにも取り上げられています。

おすすめのIH対応フライパンは?

ドイツの「ruhruルール)」というメーカーが製造している「健康フライパン」。これはかなりおすすめです。

 

 

長期に渡って焦げ付かない、お手入れが楽にできるという、フライパンに求める必須条件をクリアしている他に、10年間の保証が付くのです。

 

長期に渡って焦げ付かない

一般的なテフロンやフッ素加工のフライパンは塩分によってコーティングがはがれて焦げ付きが起きますが、健康フライパンは塩分に強いチタニウムでコーティングされているので、焦げ付きが起こりません。

 

お手入れが楽にできる

油を吸収するコーティング剤を使用していない為、油を使った調理をしてもフライパンに油が付きにくいので、洗い物が簡単に済みます。

 

10年間の保証がつく

焦げ付きが起きた場合には再コーティングを行ってくれます。購入後1年以内の初回コーティングは無料。購入後2年及び2回目のコーティングからは、

¥5,000の費用がかかります。コーティングは10年間の間であれば何度でも受けられます。

 

なかなか長期保証の付いたフライパンは見たことがないので、長く使いたいと考えている方には特におすすめです。

ただし、底8mm、側面3.5mmという厚みがある為、他のフライパンに比べると重く感じるかもしれません。厚みがある分、蓄熱力は高いです。

 

どのメーカーのフライパンを使う場合にも言える事ですが、IHクッキングヒーターはガスと違って火力の違いがわかりにくいので、

温度設定を誤ると、自分が思っているよりも強い火力になっている事があります。強火でも使えるという断りが無い限り、

IH対応フライパンを強火にかけると底がゆがんだり、変形してしまいます。

各IHクッキングヒーターのメーカーから、火力の目安がガイドされていますので、よく読んでから使用し、

フライパンをダメにしてしまう事がない様にして下さい。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す