電動歯ブラシと手磨きを比較。おすすめの電動歯ブラシは安い?

<スポンサードリンク>


電動歯ブラシと手磨きを比較。おすすめの電動歯ブラシは安い?

 

歯周病という言葉が世間一般に広まり、今ではどの歯磨き粉も虫歯菌対策だけではなく、

歯周病対策にも効果のあるものが殆どです。

歯周病の原因はブラッシングが不十分な事が最も大きく影響していると言われており、最低でも3分間のブラッシングが必要な様です

もちろん歯ブラシ選びも大切な要素で、ブラシの固さ、柄の形、毛の材質や長さ等、選ぶポイントがいくつかあります。

自分にあった歯ブラシで、正しいオーラルケアを心がけましょう。

電動歯ブラシ 手磨き

 

 

 

電動歯ブラシのメリット・デメリット

電動歯ブラシは高額なイメージがありましたが、今では数百円程度で買える商品も販売されています。

電動歯ブラシは、大きく分けて3つに分類されます。

 

振動歯ブラシ

毎分2,000~7,000回のブラシの振動(往復運動とも言う)によって歯の汚れを除去する。

 

音波歯ブラシ

人の耳に聞こえる16~20,000Hzの領域の振動(毎分30,000~50,000回の振動)によって歯の汚れを除去する。

 

超音波歯ブラシ

人間の耳では聞き取れない20,000Hz以上の振動(毎分100万~150万回の振動)によって歯の汚れを除去する。

 

 

電動歯ブラシのメリット

・手を左右に細かく動かして磨く必要がない

・短時間で歯磨きができる

・歯の表面がつるつるになる

・虫歯の原因菌である歯垢(プラーク)を除去しやすい

・歯垢が付きにくく落ちやすくなる

・歯周病の予防、口内炎の改善等の効果がある

・超音波歯ブラシは音がうるさくない

 

電動歯ブラシのデメリット

・使い慣れないうちは、持ち手や頭に振動が伝わり、頭痛や気分が悪くなるといった事がある。

・歯茎に接触し過ぎて傷めることがある

・音がうるさい

・歯へのあて方など慣れるまでに時間を要する

・音波歯ブラシ、超音波歯ブラシは値段が高い

 

電動歯ブラシを選ぶ場合は、長く使う事を考え、重さや、音、ブラシの大きさ、毛先の柔らかさ、振動によるブラシや柄の振れ方等に着目し、

自分の手に馴染むかどうかを確認しましょう。ブラシの替えが売っているか、値段はいくらかといった点も確認が必要です。

 

 

手磨きのメリット・デメリット

電動歯ブラシが市場に出回る迄は、手磨きによるブラッシングが当たり前でした。

お子様に歯ブラシを使用させる場合は、電動から始めるのではなく、手磨きの歯ブラシから練習を始め、

基本の歯磨きの仕方をしっかりと習得させておきましょう。

 

手磨きのメリット

・自分の思い通りにブラシを動かせる

・価格が安い

・充電や電池が不要

 

手磨きのデメリット

・細かい部分や見えない部分の歯垢や汚れを落とせない(磨き残しができてしまう)

・完璧な歯磨きをするのに時間がかかる(最低でも3分、10分以上かけるときれいな仕上がりになる)

歯並びや口の大きさ、歯肉の健康状態に合わせて、どんな部分も磨きやすい歯ブラシを一本用意し、その他に歯と歯の隙間に使う歯間ブラシや、デンタルフロス

奥歯用のタフトブラシ等、用途に応じたブラシを用意しておくのが理想です。

 

歯科医による歯ブラシの選び方や持ち方等のレクチャー動画がありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

おすすめ電動歯ブラシは

手磨きの歯ブラシと比較すると電動歯ブラシの方が短時間できれいに歯磨きができます。

最近では、パナソニックのポケットドルツの様な携帯用電動歯ブラシも出ており、

会社や旅行先にも手軽に電動歯ブラシを持参する事が可能になりました。

今おススメする電動歯ブラシは、次の3品です。

 

フィリップス ソニッケアー フレックスケアープラス

電動歯ブラシの中では有名なソニッケアー。2009年に発売された製品ですが、一度使ったらもう他のは使えないという顧客が多く、

歯磨き効果に関しては文句なし。

 

ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000

口臭、着色汚れ、歯間の汚れに対応した電動歯ブラシ。タイマーや、舌クリーンモード、圧力のかかり過ぎをお知らせしてくれるランプ等、

磨き手に親切な機能が揃っている。歯磨き後に歯がツルツルになり、爽快感が高いと好評。

 

ブラウン オーラルB すみずみクリーン&つるつるホワイト

価格が他の電動歯ブラシと比較して低めではあるが、歯磨き効果は十分得られるので、この価格でこの機能なら満足という

思いで購入する人が多い。

 

 

手磨きと電動歯ブラシの両方に言える事ですが、歯を磨く時は歯肉を傷つけない様にする為にも、力を入れすぎない事が重要です。

また、電動歯ブラシだからといって、全ての汚れがきれいにおちるわけではありません。

三大不潔域」と呼ばれている、奥歯の溝、歯間、露出した歯の根の部分等、歯ブラシが届かない、当てにくいといった場所には、

無理に歯ブラシを当てず、用途に応じた歯ブラシを使ってきれいにする様に心がけましょう。

自分の磨き方に不安が残る人は、自分の歯ブラシを持参して歯科医に相談する事も可能なので、一度見てもらうのも良いでしょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す