カフカくんの動画で赤ちゃんが泣きやむ理由。どこ いくの?DVD絵本?

<スポンサードリンク>


カフカくんの動画で赤ちゃんが泣きやむ理由。どこ いくの?DVD絵本?

 

お子さんがいるご家庭では、体の不調でもなさそう、おむつも取り替えた、ミルクもあげた…なのにどうしても子供が泣き止まないという

経験があるかと思いますが、そんな時はどの様に乗り切りましたか?

ずっと抱っこで過ごしたり、お散歩へ行ってみたり、ありとあらゆる手段を試しただろうと思います。

最近、あるキャラクターの動画を見ると子供が泣き止むという事象が話題になっているのをご存知でしょうか?

なんと、96.2%の子供がこの動画を見て泣き止んでいるのです。

カフカくん

 

 

カフカくんとは?

あるキャラクターというのは、2012年6月より販売されているロッテのソフトキャンディ「Cafca」のイメージキャラクターである、「カフカくん」です。

今はやりのゆるキャラとも言える風貌のカフカくん。ゆで卵の様なボディにモコモコとした雲の様な大きな口をしていて、

Cafcaのやわらかい食感を表している様です。

カフカくん 動画

 

赤ちゃんが泣きやむ動画は?

赤ちゃんが泣き止む事で話題になっている動画は、Cafcaのプロモーション動画で、「ふかふかかふかのうた」と言います。

ロッテは、このプロモーション動画を、子供のグズリ泣きに悩んでいる母親達の為に作ったものであるとコメントしており、

この動画が世の母親達の役に立った事が評価され、2013年6月に世界最大規模の国際広告賞である「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」の

サイバー部門において銅賞に輝くといった素晴らしい実績を残しています。

海外のWebメディアでも紹介される等、評判は世界に広がり、動画の再生回数は2013年9月末時点で660万回を超えています。

 

 

なぜ泣きやむのか?

この動画は、日本音響研究所の監修を受け、子供が泣き止む科学的根拠に基づいて制作されています。

この科学的根拠とは、「定位反射」という現象の事で、音楽や映像が次々と新しい展開を迎える事に子供が興味を示して反応し、泣く事を忘れて泣きやむという仕組みです。

アニメーションの展開だけではなく、BGMについてもよく考えられており、子供は大人よりも色々な事に強い好奇心を示す事を踏まえて、

子供が泣きやみやすい周波数の音を取り入れたり、パーカッションや木琴といった様々な楽器を用いる等、子供が興味を持つ様なバリエーションに富んだ音が盛り込まれており、

定位反射が起きやすくなる様に意識した作りになっています。

 

 

【どこ いくの?】とは?

カフカくん人気は絶好調で、文房具やぬいぐるみといった各種キャラクターグッズも販売されていますが、話題の動画がDVD付録としてついてくる事もあって、

カフカくん どこいくの?」という絵本が特に人気がある様です。

世界文化社から発売されているこの絵本は、短めのストーリーで、文字も全てひらがな、動画に出てくるカフカくんと全く同じCGで描かれています。

動画を見たことがある子供にとっては、お馴染みのカフカ君が出てくるお話に興味を示し、お気に入りの絵本になる事間違いなしだと思います。

絵本を購入された方の多くは付録のDVDが重宝している様で、車の中でもカフカ君の動画を見せられるので助かるといった声が多く聞かれます。

 

カフカくんの動画は、子供が泣き止む事を目的として作られていますが、赤ちゃんが泣き止むCMとして「タケモトピアノ」も有名です。

意図しないところで思わぬ効果を生んでいるこのCMですが、出演している財津一郎さんの声に効果があるとか、リズムやテンポが赤ちゃんの心音に近いとか、

奇抜な演出に目をひかれるとか、いろいろな説がある様ですが、やはり根幹は定位反射を起こす様な要素があるからなのでしょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す