フライパンの種類、洗い方は?人気おすすめブランド、メーカーは?

<スポンサードリンク>


フライパンの種類、洗い方は?人気おすすめブランド、メーカーは?

 

どこの家庭にも必ず一つは持っているであろうフライパン卵焼き専用のフライパンや、料理研究家プロデュースのフライパン

お料理レシピのサイトが開発したフライパン等、多種多様な製品が販売されていますが、自分が使っているフライパンはどんな材質で、

どんな加工がされているか、わかりますか?どのフライパンであっても、正しい使い方正しいお手入れをしないとダメになってしまいます。

そんなに使っていないのにもう買い替えが必要になってしまったなんて事にならない様にしましょう。

フライパン 種類

 

フライパンの種類は?

フライパンには「材質」と「加工」という種類があります。材質は、鉄・銅・ステンレス・アルミ・チタンといった金属の種類の事を指し、加工は、くっつく、焦げ付くといった、フライパン調理にありがちなトラブルを少なくする為に、フライパンの表面にテフロンやマーブルコートといった特殊加工を施す事を指しています。

 

【材質の特徴】

鉄製・・・熱伝導に優れ、高温にも耐えられるが、重く、焦げ付きやすい。新品は使用前に空焼きが必要。

銅製・・・熱伝導が良く、使う前に水を入れて煮立たせ、アク抜きをすることで殺菌力が働く。傷つきやすい。

ステンレス製・・・さびにくい。保温性が良いが、熱伝導はあまり良くない為、焼きムラ等が起こりやすい。

アルミ製・・・熱伝導が良く、軽くてさびにくい。高温に弱い。

チタン製・・・軽くて耐久性に優れているが、熱伝導は良くない。弱火調理向け。

 

 

【加工の特徴】

テフロン・・・こびりつきにくく、汚れが落ちやすい。高温に弱い為、低温調理向け。

マーブルコート・・・焦げ付きやくっつく事が無く、コーティングによって傷が付きにくいので耐久性に優れる。少々重い。

フッ素・・・焦げ付きにくいが、高温(強火)の調理には向かない。

 

 

IH対応フライパンとの違いは?

IH専用もしくは対応といった製品は、磁性を帯びた、鉄やステンレスの金属製で底面がIHコンロに密着する様に平らな作りになっています。

ガス用フライパンでも、鉄やステンレスの材質の物であればIHクッキングヒーターでも使用できますし、最近ではオールメタル対応のIHクッキングヒーターも

出ているので、ガス調理器からIHに変わった場合でも、オールメタル対応であればフライパンを買い替えずに使用する事ができます

 

 

フライパンの汚れは洗っていいの?洗わなくていいの?

よく、鉄製フライパンは洗わない方がいいという話を聞きますが、洗わないのではなく、洗剤を使ってはいけないというだけで、洗うという行為は必要です。

鉄製フライパンは油分が鉄になじんでいるので、それを洗剤で洗い落すのが良くないという話です。

材質や加工によりお手入れ方法が異なっていますので、それぞれに合ったお手入れをしましょう。

 

鉄製・・・フライパンが冷める前にお湯をかけ流した後、弱火にかけて乾燥させる。

銅製・・・塩と酢を混ぜたものをスポンジで洗うと油汚れが落ちる。

ステンレス製・・・お湯と洗剤でやさしめに洗う。焦げは水に浸しておくと取れる。傷が付くので漂白剤は使えない。

アルミ製・・・焦げ付いたらすぐに水を入れ、軽く冷やしてタワシでこする。水に輪切りのレモンを4~5枚入れて10分間沸騰させると黒いシミが取れる。

チタン製・・・スポンジと中性洗剤で洗う。クレンザー等の研磨剤は使えない。

表面加工が施されているフライパンは、フライパンに熱が残っているうちに大きな汚れを洗い流し、中性洗剤と柔らかめのスポンジで丁寧に洗って、

水かお湯で流して下さい。水気をしっかりふき取る事も忘れずに。

 

 

人気ブランド、メーカーのフライパンは?

日本には人気があり過ぎて手に入らない程のフライパンが存在します。その名も「魔法のフライパン」。

テレビや雑誌で取り上げられ、その人気はものすごく、現在では注文してから30ヶ月(2年半)待ちの一品です。

作っているのは、三重県の錦見鋳造という会社で、抜群の熱効率と、鉄なのに1.5mmの薄さ980gの驚きの軽さが飲食店だけでなく、

主婦にも大人気です。また、IHでも使えてしまうところもポイントが高いです。

魔法のフライパンを使った調理を是非一度見て下さい。絶対に欲しくなると思いますよ。

 

おすすめのフライパンは?

圧倒的な知名度の「ティファール」。

電気ケトルやホームベーカリー、圧力鍋とティファール製品はよく目にしますが、

ティファールの知名度を上げたのはやはりフライパンです。そんなティファールのおすすめポイントは、コンパクトで優しいところです。

取っ手が取れるという宣伝文句はティファールの最大の特徴でもあり、それにより、収納がコンパクトに収まるのは場所をとるフライパンにとって、

最大のメリットと言えます。

 

ティファールの優しいところというのは、フライパンの真ん中にある温度センサー。具材の入れ時が一目でわかり、予熱しすぎやまだ温まらないうちに具材を入れてしまう等といった、お料理ビギナーには自分で判断が難しいところをカバーしてくれる点が優しさですね。

また、ティファールのフライパンはセット売りがあり、フライパン、深型フライパン、ソースパン、硝子蓋と取っ手が入っているので、

このセットがあれば一通りの調理ができる様になります。

 

フッ素加工も施されているので、お手入れも楽ですし、何から買おうか迷っている方には本当におすすめです。

 

 

我が家のティファールフライパンは、使い始めて5年目にダメになってしまいました。焦げ付きが出来てしまい、うっかりこすり洗いをしてしまった事で、

調理の度にこびりつきが起きる様になってしまったのです。

あの時、きちんとお手入れ方法を理解して実践していたら、今でも現役だったかもしれません。本当に悔やまれます。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す