尿路結石,尿管結石の予防。痛みを緩和、和らげるには低周波治療器がオススメ?

<スポンサードリンク>


尿路結石,尿管結石の予防。痛みを緩和、和らげるには低周波治療器がオススメ?

 

尿路結石尿管結石が引き起こす痛みは、「痛みの王様」と呼ばれるぐらいに激しく、倒れこんだりのたうち回ったりする程の激痛です。

実は、結石は多くの人の体内にできていますが、できた結石の大きさが尿管よりも小さいければ、自然に尿管内を移動して排尿と一緒に排出されていて、

痛みも発生しないので、大概の人は尿路結石や尿管結石を発症しているとは感じていません。

しかし、結石の大きさが尿管と同等かそれより大きければ、結石が尿管を塞いでしまうので、腎臓で尿が作られるに伴って、腎臓から結石の位置までの圧力が高まり、

脇腹が激しく差し込むような激痛が発生するのです。

一生涯のうち、100人に4人は両ロ結石になると言われるこの病気。いつ大きな結石が体内にできるかはわかりません。

激痛に苦しむ事にならない様に、予防方法をしっかりと頭に入れておきましょう。

結石 画像

結石とは?

いろいろな物質が溶けて体外へ排出されるのが尿ですが、溶けきれなかった物質が、次第に結石になっていきます。

結石の主な成分はカルシウムで、尿路結石・尿管結石の80%以上がシュウ酸カルシウムとリン酸カルシウムを占めています。

この他に、痛風の原因でもある尿酸や、シスチンと呼ばれるアミノ酸の一種、腎盂腎炎の様に、尿に細菌が入って感染を起こした時にできやすい、

リン酸マグネシウムアンモニウムなどが結石の成分と言われています。

 

結石ができると、尿と一緒に少しずつ尿管を通り、結石が移動するに従って痛みも下腹部に移動します。膀胱の近くの尿管まで結石が移動してくると、尿が出にくかったり、

残尿感を感じる様になります。結石が膀胱に落ちた場合は、殆どが自力で体外へ排出されますが、結石が小さい場合に限ります。

大きな結石になると尿管の途中で止まってしまい、最初は痛みを感じますが、次第に痛みがなくなります。これは治ったわけではなく、放置する事で尿が流れずに、

腎臓が機能しなくなっている証拠です。

 

痛みは、疝痛(センツウ)と呼ばれていて、体がエビの様に曲がる程の激痛です。血尿や嘔吐、大腿部に痛みが走ることもありますので、

尿路結石の疑いがあれば、必ず泌尿器科を受診するようにしましょう。

 

予防方法は?

尿路結石・尿管結石は、一種の生活習慣病と言われていて、食習慣に問題がある場合が多いと指摘されています。

 

 ・一日に2リットル以上の水を飲む様にする

 ・適度な運動を行う

 ・食事の直後に睡眠を取らない(食後数時間を経過させてから睡眠を取る)

こういった、生活習慣の改善が予防につながると言われています。

また、精神的ストレスから結石を発症する人も非常に多く、極力ストレスを溜めない様に、

上手に発散させたり、ストレス要因を取り除く様な努力も必要になります。

 

発症してしまったら?

まずは泌尿器科のある病院へかかる事が最優先ですが、痛みを緩和させる為に鎮痛剤を使うのは効果があり、

自然排出を待つ事になった患者の多くは鎮痛剤の座薬を病院から処方されます。

病院へ行く前であれば、水分を大量に摂取してその場でジャンプする等、体を動かして、結石を体内で移動させる様にすると、

痛みが和らぐとも言われています。

また、低周波治療器を痛む箇所にあてると痛みが和らぐといった話も聞きますが、振動を与えて結石が移動するならば

効果はあると言えるのですが、痛みをごまかしているだけに過ぎない可能性もあります。

 

結石が大きく自然排出が望めない場合は病院で粉砕手術なりの治療を受けなければなりませんが、小さな結石の場合は、

結石を排出しない事には痛みは治まらないので、水分を多量に摂取して利尿作用を働かせるしか方法はありません。

 

尿路・尿管結石の発症は女性よりも男性に多く、生活習慣の乱れやストレスを多く感じて結石を発症してしまう、その多くは30代です。

医療従事者の中では、三大激痛と呼ばれる痛みが存在するそうで、その痛みの種類は諸説あり、陣痛や胆石、膵炎、心筋梗塞と、

様々な病名のパターンが上がるのですが、どのパターンにおいても尿管結石は含まれるそうです。

そんな激痛に苦しめられる事がない様に、生活習慣を見直して行動に移しましょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す