紅葉【九州】2013のおすすめ、穴場,名所スポット。ツアー情報。

<スポンサードリンク>


紅葉【九州】2013のおすすめ、穴場,名所スポット。ツアー情報。

 

日本の南に位置する九州はその比較的温暖な気候から、あまり紅葉が有名という感じがしませんが、九州でもやはり寒暖差はあり、きれいに色付く紅葉の様子を見る事ができます。

場所によっては温泉地が近くにあったりするので、温泉と紅葉を一緒に楽しむ旅行ツアー等も企画されています。

紅葉名所というと京都や箱根が頭に浮かびがちですが、あえて九州地方の紅葉を見に行く旅も新しいのではないでしょうか。

九州 紅葉

九州・紅葉のおすすめスポットは?

 

九州の紅葉が色づき始めるのは11月に入ってからなので、ゆっくりと目的地を決める事ができますが、福岡以外は飛行機の便がそれほど多くはないので、早めに日程を決めないと飛行機が満席やキャンセル待ちになってしまいます。

九州新幹線を使った列車の旅という選択肢もアリです。

 

<福岡県>

 柳坂曽根の櫨並木

柳坂曽根の櫨並木

約250年程昔に、久留米藩が灯明用のろうの原料にする為に櫨を植樹したのが始まりで、約200本の櫨の並木が1㎞以上に渡って続いている様子は、新・日本街路樹100景に選出されている。

  色づき始めは11月中旬、見ごろは下旬。

 

光明禅寺

光明禅寺

太宰府天満宮の参道を登った付近にある寺で、苔寺とも呼ばれている。苔と砂で陸と大海を表現した庭、石を使って「光」の字を表現した庭に紅葉が美しい彩を添える。

  色づき始めは10月下旬、見ごろは11月中旬。

 

<佐賀県>

 九年庵

九年庵

大実業家の伊丹弥太郎が明治25年から造り始め、約9年の歳月をかけて構築した別荘と庭園で、国の名勝に指定されている。

紅葉時期の11月15日~23日の間だけ一般公開される、非常に貴重な紅葉スポット。色づき始めは11月中旬、見ごろは中旬~下旬迄。

 

大光禅寺

大光禅寺

75,000㎡の広大な庭園に500本程のモミジが植樹されており、寺の藁葺屋根とモミジの紅葉が風情を感じさせる。色づき始めは11月上旬、見ごろは11月中旬~12月上旬。

 

<熊本県>

 立神峡

立神峡

たった10数本という少ないモミジの数ではあるものの、遊歩道沿いのモミジが赤く染まり、色づいたモミジが地面に落ちて積もっている風景は美しい。11月中旬~下旬が見ごろ。

 

<長崎県>

 雲仙仁田峠

雲仙仁田峠

国の天然記念物に指定されている雲仙の紅葉。特に国見岳山頂から見下ろした時に眼下に広がる紅葉景色は特に素晴らしい事で知られている。見ごろは10月下旬~11月中旬。

 

<大分県>

本耶馬渓

本耶馬渓

本耶馬渓、裏耶馬溪・深耶馬溪、奥耶馬溪から成る耶馬渓は、モミジ、カエデ、イチョウの紅葉が美しいと言われている。

色づき始めは11月初旬、見ごろは中旬。耶馬溪全体で言えば、11月下旬迄は見ごろとなる。

 

 くじゅう連山

くじゅう連山

九州で最も標高の高い高山地帯であるくじゅう連山は、山肌が色とりどりに染められる上に、山麓では輝く様な、すすきの穂を見ることができる。

  色づき始めは10月中旬、見ごろは10月下旬~11月中旬。

 

<宮崎県>

 五ケ瀬渓谷

五ケ瀬渓谷

深い山の中を流れる五ヶ瀬川源流の渓谷で、冷涼な気候によってより鮮やかに色づく紅葉が見られる。落差60mの滝が近くにあり、滝しぶきによって艶やかに光る紅葉が非常に美しい。

  10月下旬~11月上旬が見ごろ。

 

<鹿児島県>

 曾木の滝

曾木の滝

東洋のナイアガラと呼ばれる曾木の滝。滝幅210m、高さ12mという迫力ある滝からあがる水しぶきに、紅葉した葉が鮮やかに映る。滝や紅葉のライトアップが行われるもみじ祭りの開催も予定されている。

色づき始めは11月上旬、見ごろは11月下旬だが、特に勤労感謝の日を中心とした1週間程度がピーク。

 

やはり、年に1度、9日間のみ開園する「九年庵」に訪れてみたいと思う方が多いと思います。幻の紅葉庭園とも言われれば、

ぜひ見てみたいという気持ちになるでしょう。関西・九州方面発であれば、まだ九年庵を訪れるツアーは販売されていますが、

関東発のツアーは人気があるのか、既に販売終了となっているツアーが見受けられます。

例えば、阪急トラピックスが販売している、「九年庵特別公開と秋の九州絶景ハイライト 2日間」というツアーを利用すると、

関東方面から新幹線でも飛行機でもアクセスしやすい、大阪や神戸が出発地となるので、前泊して翌朝からツアーに参加するという事も可能です。

 

 

紅葉の季節は少しづつ気温も下がり、朝晩は特に冷え込む日も出てくる時期ですから、昼間は美しい紅葉を眺めて心を穏やかにし、

夜は温泉でゆっくりと温まって体を休めるという旅も日頃の疲れを忘れてリラックスできるよいひと時になると思います。

忙しい年末を迎える前に、今年一年の疲れを取るべく、九州の紅葉と温泉を求めて旅に出たいですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す