出水ツルマラソン2013は高低差があるコース?宿泊ホテル、ツアー情報。

<スポンサードリンク>


出水ツルマラソン2013は高低差があるコース?宿泊ホテル、ツアー情報。

 

鹿児島県の出水市は世界一のツルの渡来地で、出水市北西部に広がる出水平野の水田部に、

毎年10月中旬~翌年3月頃にかけ、約1万羽のツルが越冬をしにやってきます。

出水のツルと渡来地は、「鹿児島県のツル及びその渡来地」として、特別天然記念物にも指定されています。

ちょうどツルが渡来してくる頃、「出水ツルマラソン」が開催されています。

千羽鶴を超えた万羽鶴を間近で見ることができる出水へ、ランナーとして、また応援者として、ぜひ一度行ってみませんか?

出水ツルマラソン2013

大会概要は?

出水ツルマラソンの開催日やエントリー方法、コースといった大会概要は以下の通りです。

 

 ●開催日程

2013年10月20日(日)雨天決行

 

 ●種目

フルマラソン(42.195㎞) 9:00スタート 制限時間は5時間

10㎞ 10:30スタート 制限時間は1時間20分

3㎞(小学生の部) 9:10スタート

3㎞(中学生以上の部) 9:50スタート

 

※3㎞の部は制限時間なし 各種目とも記録計測の制限時間は7時間迄。

 

 ●エントリー

2013年7月2日(火)~8月31日(土)までの期間、インターネットを利用して、SPORTS ENTRY、RUNNET、

JTBスポーツステーションのサイトから申込むか、所定の申込用紙に参加料を添えて、最寄りの郵便局か、

大会事務局へ申込みます。

参加料入金順の先着で、定員に達し次第締め切りとなりますが、現在もエントリー受付中です。

 

 ●定員

定員人数の公表はされていませんが、昨年の実績で全種目合計で2,556人の参加がありました。

 

 ●コース

標高差は約100mで、15㎞を過ぎたあたりから下りとなり、中間点を過ぎるとフラットな道のりとなる様です。

走りやすく、記録も出やすい為、フルマラソン公認コースの中でも人気があります。尚、フルマラソンの関門は2か所あります。

出水ツルマラソン フルマラソンコース

出水ツルマラソン コース 10キロ

出水ツルマラソン コース 3キロ

 フルマラソン関門

 

出水市陸上競技場(スタート 9:00)→20㎞関門(11:30)→30㎞関門(12:30)→出水市陸上競技場(ゴール 14:00)

 

会場周辺の宿泊ホテル情報

出水へは飛行機を使うと鹿児島空港からバスで1時間20分程かかりますが、九州新幹線の開通により福岡や熊本からもアクセスしやすくなりました。

福岡から1時間15分程、熊本から30分程度で出水駅へ到着します。ですが、本数が1時間に1本と少ない為、大会前日は宿泊をした方が良いでしょう。

 

ホテル ウィングインターナショナル出水

JR出水駅の目の前にあるホテル。ツルの渡来地や武家屋敷群といった観光スポットにも近く、

さつま揚げやさつま汁といった、鹿児島の食べ物を朝食にできる。会場まで車で10分程度。

 

ロイヤルインステーションプラザ

JR出水駅の目の前にあり、鹿児島空港行きのバス停も近い為、遅い時間の飛行機や新幹線を使った場合にも便利な立地。

ホテルの1階には居酒屋もあり、ホテル内のベンダーマシンではコーヒーを24時間飲むことができる。

会場まで車で10分程度。

 

 

ホテル桃晃

JR出水駅から徒歩5分。出水市は熊本県との県境に位置する事から、ホテル併設の居酒屋では、

鹿児島と熊本両県の地元料理を楽しめる。源泉100%かけ流しの温泉もあり、肌がツルツルになると評判が高い。

会場まで車で6分、徒歩でも15分程で到着する。

 

 

大会参加者には、温泉の入浴券が配られる為、疲れた体を癒してから家路に着く事もできます。

大会前夜には前夜祭が開催され(別途申込・参加費の支払いが必要)、抽選で豪華景品が当たったり、

夕食を兼ねて地元の特産品が食べられる等、お楽しみが尽きません。

出水市の総力をあげての大会とあって、前夜祭から盛り上がりを見せ、大会の運営もスムーズ、コースも走りやすいと

ランナーにも人気のあるマラソン大会なので、地方大会とはいえ、来年以降は参加者が増える可能性もありますし、

まだエントリーがしやすい今が狙い目かもしれませんよ。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す