紅葉【関西】2013のおすすめ,穴場,名所スポット。ツアー情報。

<スポンサードリンク>


紅葉【関西】2013のおすすめ,穴場,名所スポット。ツアー情報。

 

大阪には本物のもみじを使ったお菓子が伝統食品として売られています。食用もみじを塩漬けにしてから油であげた、

天ぷらの様なお菓子で、かりんとうの様な風味がするそうです。箕面市のお土産として有名なこのお菓子、関西地方の

紅葉狩りのお土産にぜひお買い求め頂くのはいかがでしょうか。

関西 紅葉

関西の紅葉・おすすめスポットは?

 

関西の紅葉名所と言えば、京都を思い浮かべますが、関西地方は他府県へのアクセスも便利なので、近隣の名所にも

是非、足を延ばしてみることをお勧めします。

 

<大阪府>

 箕面

箕面

日本の滝100選にも選出されている、「箕面の大滝」は落差が33mあり、四季折々の自然美の異なりが大変美しいと言われる

有名なスポット。まるで燃えているかの様な赤や黄色の紅葉と、滝の澄んだ空気が凛とした空間を作り出す。色づき始めは、11月中旬、見ごろは下旬。 

 

<兵庫県>

 もみじ山

もみじ山

最上山公園の西側にあるもみじ山は、日本のもみじの他に海外の楓が植えられており、紅葉ピークの時期には、山全体が、

赤や黄色、橙色に染まり、紅葉の色が生み出すやわらかな暖かさに包まれる。夜間ライトアップも行われる。色づき始めは、11月上旬、見ごろは中旬~下旬。

 

<京都府>

 宇治

宇治

特に宇治川・興聖寺が名所と言われ、宇治川のほとりにある興聖寺の石門から山門へと続く200mの参道は、両側にもみじの木が繁り、緩やかな坂道がもみじのトンネルと化す。

この参道は「琴坂」と呼ばれ、琴坂に繁るもみじや楓と、寺の前庭に植えられた、つつじやさつきは宇治十二景の一つに指定されている。色づき始めは11月下旬、見ごろは11月下旬~12月上旬。

 

光明寺

光明寺

広い境内には100本以上のもみじが植えられ、紅葉ピークには参道の石畳にもみじのじゅうたんが敷き詰められた様になる。もみじの寺と呼ばれる程に有名なスポット。

  色づき始めは11月中旬、見ごろは下旬。

 

<奈良県>

 長谷寺

長谷寺

花の寺とも言われる長谷寺では、本堂の外舞台から五重塔等の建造物と一緒に紅葉を眺めるのがお勧め。10月上旬~12月上旬が見ごろ。

 

<滋賀県>

 メタセコイヤ並木

メタセコイヤ並木

農業公園のマキノピックランドからマキノ高原へと続く道路沿いに、500本程のメタセコイヤが植えられており、深い赤や橙色に彩られた美しい並木を見る事ができる。

このメタセコイヤ並木は新・日本道路街路樹百景にも選出されている。色づき始めは、10月下旬、見ごろは11月上旬~下旬。

 

 比叡山

比叡山

最も紅葉が見事と言われる横川のエリアではもみじ祭りが開催され、比叡山へと上る比叡山ドライブウェイの夢見が丘展望台では夜間ライトアップも行われ、

美しい夜景と一緒に紅葉を楽しむことができる。色づき始めは、11月上旬、見ごろは色づき始めの11月上旬~下旬迄。

 

<和歌山県>

 根来寺

根来寺

紀仙郷自然公園内に建つ根来寺では、その境内全てが見事なまでに紅葉に包まれる。見ごろは11月中旬~下旬迄。

 

 

効率よく紅葉スポットを巡る案として、宿泊拠点から近隣他府県への紅葉狩りバスツアーへ参加するといったプランを検討されてはいかがでしょうか。

例えば、兵庫のもみじ山へ出かけて、姫路等で一泊し、翌日はクラブツーリズムが主催する姫路発の日帰り紅葉狩りバスツアーで、

京都の紅葉4大饗宴「岩倉実相院」、「光明寺」、「詩仙堂」、「真如堂」を巡る旅へ出るといったプランです。

クラブツーリズムでは、各地から出発する日帰りバスツアーを種類多く企画しています。

 

 

小倉百人一首では、もみじを用いた歌が6首あり、竜田川、小倉山、三室の山の様に、奈良や京都といった古都を表す言葉と

共に用いられている事から、やはり京都や奈良の様な地域は昔から紅葉の名所であった事がわかります。

古人も感銘を受けた古都の紅葉景色は永遠に美しいままを保ってほしいものです。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す