大阪マラソン2013の制限時間、コースは?宿泊ホテル、ツアー情報。

<スポンサードリンク>


大阪マラソン2013の制限時間、コースは?宿泊ホテル、ツアー情報。

 

大阪で開催されるマラソン大会と言えば、テレビ中継もされる大阪国際女子マラソンが有名ですが、2011年から開催され、

今年で3回目を迎える「大阪マラソン」も徐々に知られる様になってきました。

大阪マラソンは市民参加型の都市型マラソンとしては、東京マラソンと並ぶ規模の大会ですが、独自の特色として、

参加するにあたって、必ず\1,000以上のチャリティ募金を行う必要がある制度を設けている事が挙げられます。

チャリティ対象のテーマは8つあり、ランナーはエントリーの際に支援したいテーマを選び、晴れてランナーに当選すれば、

選んだテーマに対して寄付が行われる仕組みになっているので、チャリティに賛同できない人は参加ができません。

大阪マラソンを自分が走る事によって、何かの役に立つ事ができるという素晴らしい仕組みで成り立っている大会です。

大阪マラソン

大会概要は?

 

大阪マラソンの開催日やエントリー方法、コースといった大会概要は以下の通りです。

 

 ●開催日程

 

2013年10月27日(日)

 

 ●種目

 

フルマラソン(42.195㎞) 9:00スタート(車いすの部は8:55スタート) 制限時間は7時間

チャレンジラン(8.8㎞) 9:00スタート 制限時間は1時間50分

 ●エントリー

 

2013年4月3日(水)~5月1日(水)までの期間、インターネット及び携帯のエントリーサイトから申し込むか、

エントリーセンターへ請求するか、大阪府内の役所等の施設や各都道府県の陸上競技会等、パンフレットが

置いてある施設から入手し、専用振替用紙で申し込む。郵便振替で申し込む場合は、4月19日(金)の

当日消印までが有効となります。定員を超える申し込みがあった場合は抽選となり、先着順受付ではありません。

 

 ●定員

フルマラソン 28,000人

チャレンジラン 2,000人

今回のフルマラソン応募者は143,351人で当選倍率5倍、チャレンジラン応募者は8,059人で当選倍率4倍でした。

 

 ●コース

 

スタート地点の大阪城から、大阪府庁舎、国立文楽劇場、御堂筋、中央公会堂、大阪市役所、京セラドーム、通天閣を周り、

ゴールのインテックス大阪へと戻るコースは、大阪観光の名所となる様なポイントが網羅されています。

高低差も30m以内に抑えられ、比較的平坦なコースという事もあり、良いタイムが出しやすいとも言われています。

フルマラソンでは10か所の関門が設けられており、チャレンジランにも1か所の関門が設けられています。

大阪マラソン コース

 

 フルマラソン関門

 

大阪城公園前(スタート 9:00)→堺筋日本橋1交差点手前(5.3㎞関門 9:13)→

京阪東口交差点(10㎞関門 11:05)→大阪市役所前(13.8㎞ 11:35)→大阪ドーム前北交差点(20㎞関門 12:30)→

難波交差点(22.2㎞打ち切りポイント 12:52)→南開公園前(26.5㎞収容関門 13:29)→

市立住吉第一中学校前(30.6㎞ 14:06)→平林駅前交差点(34.2㎞関門 14:38)→

南港中央公園野球場前(38.2㎞関門 15:14)→大阪府咲洲庁舎北交差点手前(41.6㎞ 15:57)→

インテックス大阪(ゴール 16:00)

 

 

 フルマラソン関門(車いすの部)

 

大阪城公園前(スタート 8:55)→堺筋日本橋1交差点手前(5.3㎞関門 10:18)→京阪東口交差点(10㎞関門 9:30)→

大阪市役所前(13.8㎞ 9:41)→大阪ドーム前北交差点(20㎞関門 10:02)→平林駅前交差点(34.2㎞関門 10:49)→

インテックス大阪(ゴール)

 

※車いすの部のマラソン制限時間の明記は大会ホームページにはありませんが、参加資格として2時間20分以内にゴールできる者とあります。

 

※チャレンジランの関門は、フルマラソンの5.3㎞関門(堺筋日本橋1交差点手前)の9:13です。

 

 

会場周辺の宿泊ホテル情報

大会当日は選手登録の受付は行われず、10月25日(金)~10月26日(土)の2日間にインテックス大阪の大阪マラソンEXPO2013会場に行く必要があります。

その為、大会前日の宿泊が必要です。大会公式ホームページに、ランナーサービスの項目があり、そこから大阪マラソン宿泊予約サイトへジャンプできます。こちらがそのURLです。 ⇒ http://www.osaka-marathon.com/runner/accommodation/

近畿日本ツーリストによる予約となり、9月24日(火)まで予約が可能です。

 

宿泊場所ですが、ランナー受付及びゴールとなるインテックス大阪付近が便利だと思われます。スタート地点である、大阪城公園へは電車を利用して40分程で到着するので、

それほど遠くはないでしょう。

 

 

ハイアットリージェンシー大阪

JR大阪駅から無料シャトルバスで25分で到着できる為、新幹線等を使って訪れる参加者にも便利。関西国際空港からも

直通のリムジンバスが出ている為、遠方からの参加者にお勧めできる。インテックス大阪まで徒歩7分。大阪城公園まで電車を利用して40分で到着できる。

 

ホテルコスモスクエア国際交流センター

インテックス大阪へは徒歩1分のところにあり、広々とした客室でゆっくりできる。大会前後に時間があり観光をする予定であれば、USJや海遊館といった

レジャー施設へも車で10分~20分で行ける。

 

ベストウェスタン・ジョイテル大阪

インテックス大阪へは電車を利用して約20分、大阪城公園へは同じく電車で40分で行ける距離。大阪の中心部である、

なんばや心斎橋へ電車で10分、大阪駅や梅田へも20分で行けるとあり、大阪市街とベイエリアのちょうど中心にある為、

非常に立地が良い。

 

 

大阪マラソンに協賛しているスポーツメーカーのミズノでは、「みんなで走ろか大阪のRUN」というキャッチフレーズを付けた大阪マラソンの特設ホームページを開いています。

ここでは、コースの攻略や見どころを写真や動画で解説したり、

快適に走る為のガイドページのランナーNAVIが閲覧できます。また、ペースチャートもダウンロードできるので、

関門に引っかからずに完走できる様に、チャートを見て研究しておくのもレース攻略のカギとなるかもしれません。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す