久米島マラソン2013のコース、制限時間は?宿泊ホテル、ツアー情報。

<スポンサードリンク>


久米島マラソン2013のコース、制限時間は?宿泊ホテル、ツアー情報。

 

暑い環境の下でマラソンを走るのは非常に苛酷ですが、南国の久米島では毎年マラソン大会が開催されています。

今年で25回を迎える久米島マラソンは、日頃ランニングを通して体力づくりに励んでいるビギナーがらベテランまでの

全国のランナーを迎えて楽しく走る事を目的として開催されており、毎年たくさんのランナーがエントリーをしています。

マラソンが開催される10月は、久米島ではまだギリギリ海水浴ができるくらいの気温なので、体力には自信があるという

ランナーの方は、美しい自然に囲まれた久米島を走るマラソン大会にぜひチャレンジしてみましょう。

久米島マラソン2013

大会概要は?

 

久米島マラソンの開催日やエントリー方法、コースといった大会概要は以下の通りです。

 

 ●開催日程

2013年10月27日(日)雨天決行

 

 ●種目

フルマラソン(42.195㎞) 7:30スタート 制限時間は7時間

ハーフマラソン 9:00スタート 制限時間は3時間30分

10㎞ 9:10スタート 制限時間は2時間

5㎞ 9:30スタート 制限時間は1時間30分

 

全ての種目で5歳刻みに3位までの表彰が行われるので、入賞のチャンスが多いところも久米島マラソンの魅力です。

 

 ●エントリー

2013年6月24日(月)~2013年9月19日(木)の間に、RUNNET、SPORTS ENTRY、JTBスポーツステーション、

しまスポによるインターネットエントリーを行うか、2013年6月24日(月)~2013年9月24日(火)の間に、

申込用紙を入手して、用紙に付属している郵便振替用紙を使って、最寄りの郵便局から申し込む必要があります。

申込用紙は沖縄県内のスポーツ用品店や沖縄タイムスの本支社に設置してあるそうです。

また、大会事務局は指定した沖縄ツーリスト及びハートフルツアー主催の参加ツアーを通じて申し込む事も可能です。

尚、島内の参加希望者は申込用紙付属の郵便振替用紙を使って、直接事務局にて手続きをとる事も認められています。

(申込期限は郵便振替と同じ)

入金先着順の定員に達し次第締め切りですが、定員を超えてもなお申し込みは受け付けるそうです。

現時点では締切の発表はされていません。

 

 ●定員

フルマラソン 500人、ハーフマラソン 600人 10㎞・5㎞ 200人

  ●コース

沖縄県内ではいくつかマラソン大会が開催されますが、久米島マラソンのコースは県内で最も平坦と言われており、

高低差は20m以内に抑えられています。さとうきび畑や沖縄独特の赤い瓦屋根の家並み、美しい海岸線を横目に走る

景色の変化に富んだコースとなっています。尚、フルマラソンのみ2か所の関門が設けられています。

久米島マラソン コース

久米島マラソン ハーフコース

久米島マラソン2013 コース

 

 

フルマラソン関門

仲里野球場(スタート 7:30)→2回目折り返しミーフガー付近(23㎞関門 11:10)→海岸線沿い(33㎞関門 13:00)

→仲里野球場(ゴール 14:30)

 

距離表示は1㎞毎に設置され、給水ポイントも3㎞毎にある等、暑い環境下でランナーのモチベーションを上げられる様な

心遣いがなされているところが嬉しいですね。

 

 

会場周辺の宿泊ホテル情報

 

久米島マラソンのエントリー注意事項に、

「交通アクセスが限られているので大会申込と交通・宿泊の手配はあらかじめ計画を立てる様に」

とあります通り、

往復の飛行機とホテルの予約は大会参加申込と並行して進める必要があります。

その点では大会指定業者による参加ツアーを申し込むのが一番確実とは思いますが、せっかく久米島に行くのだからと、観光を入れたり、

個人によってプランは変わってくるでしょう。また、スタート時間が早いのでレース前日の宿泊は必須です。帰りは大会当日の14:00に港行きのシャトルバス、

18:00に空港行きのシャトルバスが出る事になっているので、当日に帰路に着く事は可能です。

 

 

サイプレスリゾート久米島

全室オーシャンビューのリゾートホテルで、ここに滞在するのであればマラソン大会後にぜひともゆっくりと寛いでもらいたい。

久米島空港から車で3分という好立地でありながら、美しい白浜の海岸が目の前に広がり、久米島の中で最も夕陽を美しく眺める事ができるスポットとしても有名。

 

<リゾートホテル久米アイランド>

久米島空港まで車で20分の距離だが、近くに海洋深層水の温浴施設「バーデハウス」がある。マラソン参加者はバーデハウスの入館料が半額になるので、ぜひ利用したい。

日本の渚100景にも選ばれた、イーフビーチが徒歩1分のところにある。

 

久米島の中には宿泊施設がそれほど多くない為、ホテル以外にも民宿を利用する等の案も考えておいた方が良いでしょう。

 

久米島マラソンの大会終了後には、毎年大盛況のふれあいパーティが開催されます。このパーティにはランナーだけでなく、応援者や島民の方等、たくさんの人が参加して、

このパーティを楽しみにしている人もいるくらいだそうです。また、泡盛が無料で提供されるサービスもあるそうですよ。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す