筑後川マラソン2013のコース、制限時間は?宿泊施設はどこがいい?

<スポンサードリンク>


筑後川マラソン2013のコース、制限時間は?宿泊施設はどこがいい?

 

九州最大の河川である「筑後川」。この筑後川の平坦な河川敷を走るマラソン大会が筑後川マラソンです。

福岡県久留米市の中心地でありながらも自然がいっぱいのコースは、トップランナーからビギナーまで、

全てのランナーにとって走りやすいと人気があります。

筑後川の緩やかな流れを横目に解放感に満ちたコースを気持ちよく走り抜けてみませんか。

筑後川マラソン

大会概要は?

筑後川マラソンの開催日やエントリー方法、コースといった大会概要は以下の通りです。

 

 

 ●開催日程

 

2013年10月13日(日)

 

 

 ●種目と制限時間

 

 

フルマラソン 9:00スタート 制限時間は7時間

 

ハーフマラソン 10:20スタート 制限時間なし

 

10㎞マラソン 10:40スタート 制限時間なし

 

5㎞マラソン 10:50スタート 制限時間なし

 

3㎞チャレンジ 9:40スタート 制限時間なし

 

1.5㎞(障がい者) 9:20スタート 制限時間なし

 

 

 ●エントリー

 

2013年6月1日(土)~7月15日(月)迄の期間に申込を行います。

筑後川マラソンホームページからのネットエントリー、RUNNETもしくはSPORTS ENTRYのサイトからのエントリー、

郵便局にて郵便振替を用いて申込のいずれかによって申込手続きが必要です。

種目別先着順とし、定員に達し次第締め切りとなります。

 

※6月3日ハーフマラソン、6月4日フルマラソン、6月13日10㎞に募集終了となり、6月15日に左記3種目の追加募集が

かかりましたが、6月23日に募集終了となりました。

 

 ●定員

 

フルマラソン 2,000人

 

ハーフマラソン・10㎞マラソン 1,000人

 

5㎞マラソン 500人

 

3㎞チャレンジ 300人

 

1.5㎞(障がい者) 200人

 

 

 ●コース

 

筑後川河川敷のサイクリングロードをひた走るコースは、前日に練習走行ができる様になっています。道はほぼ平坦ですが、

折り返し地点の前は坂道になっている等、所々にアップダウンがあります。サイクリングロードがコースとなっている為、

ランナーが多ければ多少道の狭さを感じるかもしれません。

尚、フルマラソンでは関門が設けられています。

筑後川マラソン コース

 

  フルマラソン関門

 

百年公園河川敷(スタート)→大城橋(34㎞関門 5時間30分)→百年公園河川敷(ゴール 7時間)

 

 

おススメの宿泊施設は?

筑後川マラソンの開催場所は、西鉄宮の陣駅から徒歩10分という距離なので、電車でのアクセスが非常に便利です。

その為、福岡空港付近や、JRの博多・久留米駅付近、少し足を延ばしてJR熊本駅付近の宿泊であっても1時間前後の所要時間で到着できるので、

余裕をもって会場に入る事が可能です。せっかくなので、疲れた体を癒す為に、ゆったりと温泉に入れる宿が良いでしょう。

 

湯の坂 久留米温泉

筑後川マラソン公式ホームページの宿泊案内にも掲載されている温泉宿。マラソン会場まで徒歩20分、車で10分という距離にある。立ち寄り湯のみの利用も可能。

 

 

天然温泉 御笠の湯 ドーミーイン博多祇園・袖湊の湯 ドーミーインPREMIUM博多・キャナルシティ前


どちらも博多駅から徒歩10分の距離にあり、男女別天然温泉大浴場とサウナの設備がある。建物も新しくて綺麗な上、

宿泊費用も高くない。

 

 

八百治博多ホテル

博多駅から徒歩5分の立地。効能豊かな温泉と、広めの客室に柔らかな羽毛布団が用意されている。

 

 

博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯

博多駅・福岡空港から車で5分。由布院と武雄温泉から毎日運ばれてくる上質な温泉が楽しめる他、エステやマッサージの

メニューも充実しており、マラソンで疲れ切った体をじっくりと休める事ができそう。

 

博多天然温泉 ホテルルートイン博多駅前

博多駅徒歩1分。天然温泉大浴場が完備され、居酒屋やカレー屋といった食事の施設も併設されている。

 

 

筑後川マラソンの魅力は、走りながら眺めるのどかな景色の美しさと、走り終わった後に振舞われる豚汁とおにぎりが

非常に美味しいという事が、過去に走ったランナーの感想としてよく述べられています。

柿や梨といったフルーツや、地元代表グルメと言われている焼き鳥などの販売もされるそうで、レースが終わったら、

ランナーの方も応援の方も河川敷の芝生に寝転んでピクニック気分を味わいながら一休みするのも気持ちが良さそうですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す