那覇マラソン(NAHAマラソン)2013は完走率が低いコース?攻略、対策は?

<スポンサードリンク>


那覇マラソン(NAHAマラソン)2013は完走率が低いコース?攻略、対策は?

 

暑い中での長距離マラソンは、熱中症との戦いになったり、脱水症状を起こしたりと非常に苛酷な為、

しっかりと練習を積んだランナーでなければ挑戦するのは難しいのですが、

年中暖かい沖縄那覇で開催されるマラソン大会がある事をご存知でしょうか。

NAHAマラソン(那覇マラソン)」という名前のこのレースは、那覇市とハワイ州ホノルルとの姉妹都市締結25周年を記念して開催したのが始まりで、

「太陽と海とジョガーの祭典」と銘打ち、今では国内を代表する程のスポーツイベントに成長しました。

なはっぴー

大会概要は?

NAHAマラソンの開催日やエントリー方法、コースといった大会概要は以下の通りです。

 

 ●開催日程

2013年12月1日(日)雨天決行

 

 ●種目と制限時間

フルマラソン 9:00スタート 制限時間は6時間15分

 ●エントリー

2013年8月5日(月)よりエントリー受付開始。SPORTS ENTRY(モバイル含む)のサイトもしくは専用電話番号へ架電して

申し込みを行います。定員に達し次第締め切りとなります。

2013年8月5日(月)19:30を以て、定員に達した為、即日締切となりました。

 

 ●定員

25,000人

 

 ●コース

日本陸連公認の平和記念公園コースは、平和記念公園を中心地とし、那覇市、南風原町、八重瀬町、糸満市、豊見城市の沖縄南部5市町を巡るコースです。

コース前半に100mの高低差を上り、その後はゴールまで緩やかに下る様になっており、

ゴール前14㎞の平坦一直線の道のりが最後の難関となる様です。起伏が多く、アップダウンが何度も繰り返されるコースだという事を念頭に走る必要があります。

尚、コース中には関門が設けられています。

那覇マラソン コース

 

  フルマラソン関門

奥武山陸上競技場(スタート)→平和記念公園中間地点(21.3㎞関門 12:15)→

阿波根交差点(33.1㎞関門 14:00)→奥武山陸上競技場(ゴール 15:15)

 

 

完走率は?

12月といっても、沖縄県の気温は高く、晴天ともなれば陽射しを浴びて熱中症や脱水の症状が現れてもおかしくありません。

過去のレースではどれくらいの完走率が記録されてきたのでしょうか。以下に過去5年間のレースデータをまとめました。

 

第24回 天気:晴 気温:17.3℃ 湿度:49% 参加者数:26,973名 完走者数:18,653名 完走率:69.15%

第25回 天気:晴 気温:18.2℃ 湿度:53% 参加者数:30,081名 完走者数:20,860名 完走率:69.35%

第26回 天気:晴 気温:21.7℃ 湿度:62% 参加者数:23,402名 完走者数:16,845名 完走率:71.98%

第27回 天気:晴 気温:21.3℃ 湿度:62% 参加者数:23,988名 完走者数:17,059名 完走率:71.11%

第28回 天気:雨 気温:21.0℃ 湿度:91.5% 参加者数:24,333名 完走者数:17,657名 完走率:72.1%

 

過去5年間の完走率は平均して70%という成績で、ここ5年間においては気温に大きな開きはありませんでした。

強いて言えば昨年は天気が雨で湿度が90%を超えるという状況下でしたが、完走率はむしろ例年より上がっている為、

各ランナーがしっかりと対策や練習等の準備を行ってレースに臨んでいたのでないかと思われます

 

この時期は、ほとんどの地域で気温が低く、体が寒さに慣れている状態です。その状態から突然平均気温が20℃前後という、

暖かいところで走る為、普段の感覚以上に暑さを感じてしまう事が多い様ですから、

大会数日前から前入りし、沖縄の気候に体を慣らしましょう。

そういった時間が取れない場合は、

熱中症や脱水症状を起こしやすい事を頭に入れて、こまめな水分補給、栄養補給を行いながら走る様に心がけましょう。

ウェアは半袖、給水ポイント以外でも水分をとれる様にペットボトルや水筒等を持参する準備をしておくのが良いと思います。

 

NAHAマラソンの良いところは、沿道の応援者の方々とのふれあいが楽しめる事だと言われています。

大会側で用意する給水ポイント以外にも、私設で給水をさせてくれるところがあったり、栄養補給の食料を渡してくれたりと、

応援というより、現地の方のおもてなしに近いものがあります。こういった温かい人とのふれあいは市民マラソンならではの特色で、

疲れたランナーの体に人の優しさが染み渡る事でしょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す