紅葉【東北】のおすすめ、穴場スポット。宮城、岩手、秋田、福島は?

<スポンサードリンク>


紅葉【東北】のおすすめ、穴場スポット。宮城、岩手、秋田、福島は?

 

黄色く紅葉する木と言えば、「イチョウ」を思い浮かべる人が多数を占めると思いますが、日本一巨大なイチョウが、東北は青森県にあるのはご存知でしょうか?

なんとその大きさは高さ40mもあり、ビル10階建てと同じくらいだとか。

巨木ともいえるこのイチョウ、樹齢は1,000年を超え、幹の太さは22mもあります。国の天然記念物にもなっており、幹や枝から伸びた根が、女性の乳房のように見える為、

「垂乳根(たらちね)のイチョウ」

とも呼ばれているそうです。

その紅葉はさぞ美しいだろうと思うのですが、実は青森の人気紅葉スポットには、この「垂乳根のイチョウ」は名前が挙がっていないのです。

紅葉

東北の紅葉、おススメスポットは?

 

東北地方は温泉地も多く、見ごろを迎える11月は多少寒いかもしれませんが、紅葉を見ながら温泉を楽しめる贅沢スポットへ旅行するのもいいですね。

 

 

<青森県>

八甲田山

八甲田山とは、青森市の南側にそびえたつ火山群の総称で、山頂付近の紅葉は9月下旬から色づき始め、10月上旬までが見ごろとなる。山腹付近は10月上旬から色づき始め、中旬までが見ごろとなる。

紅葉の時期に、八甲田ロープウェイから眺める360°のパノラマ風景は大変美しい。

紅葉 八甲田山

 

<岩手県>

 厳美渓

世界遺産となった平泉と共に一関市の人気スポットになっている厳美渓は、渓流の滝と紅葉が織りなす日本美の美しさに心が洗われる。10月中旬から色づき始め、10月下旬に見ごろを迎える。

紅葉 厳美渓

 

 栗駒山

岩手・宮城・秋田の東北3県に跨る栗駒山は、ブナやナナカマドが山を覆う様に茂り、9月下旬~10月上旬にかけて色付く様は、雄大な自然を美しく染め上げる。

紅葉 栗駒山

 

<宮城県>

 鳴子峡

鳴子温泉からほど近く、高さ100mの断崖絶壁が2.5㎞にも続く観光スポット。岩と松の緑色に対して紅葉が非常に映え、紅葉の名所の中でも屈指のポイントと呼ばれる。

色づき始めは10月中旬、見ごろは10月下旬~11月上旬となり、この時期 には紅葉を見に行く観光客の為に、路線バスが運行される。

紅葉 鳴子峡

 

<秋田県>

 角館

城下町として開けた角館は桜の名所として有名だが、秋の紅葉もまた美しい。色づき始めは10月中旬で、見ごろを迎えるのは、11月初旬。

紅葉 角館

 

<山形県>

 月光川ダム周辺

飽海群遊佐町を流れる月光川の上流部には、美しい紅葉と清流や渓谷が作り出す見事な景観が広がっている。10月下旬~11月上旬が見ごろ。

紅葉 月光川ダム周辺

 

<福島県>

 磐梯吾妻スカイライン

周辺の温泉地と共に紅葉の人気スポットとして、毎年沢山の観光客が訪れる磐梯吾妻スカイラインは、高湯温泉から土湯峠迄の29㎞の距離。

この長い距離の中でも、作家の井上靖の選んだ「吾妻八景」からの眺めが最も美しいと言われている。9月下旬には色づき始め、10月上旬~中旬が見ごろ。

DVC00050.JPG

 

湯川渓谷

複数の滝が連なる湯川は、屏風岩や天狗岩と呼ばれる奇岩の自然美に紅葉の美しさが相まって、絶景との呼び声も高い。色づき始めは10月中旬で見ごろは下旬。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

既に販売終了となってしまったのですが、近畿日本ツーリストが主催していた「みちのくベストルート3日間」というツアーは、

東北6県の紅葉名所を3日間で巡る他、東北地方のB級グルメを堪能したり、温泉宿へ宿泊したりと、わずか3日間で紅葉と、グルメと温泉を満喫できてしまう充実度の高い内容でした。

こういった紅葉名所を全て見られる様なツアーがあると、どこへ行こうか悩んでしまう方にはうってつけだと思います。

 

 

東北地方は3.11の大震災以降、ゆっくりではありますが、着実に復興を遂げています。

ここで紹介した他にも紅葉名所と呼ばれる場所や、美しい自然、歴史的な建物等、見どころは多々あります。

1人でも多くの観光客が訪れ、東北地方がより活性化していける様に応援して行きたいですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す