紅葉【関東】おすすめ、穴場スポット。群馬、茨城、栃木、東京は?

<スポンサードリンク>


紅葉【関東】おすすめ、穴場スポット。群馬、茨城、栃木、東京は?

 

インターネット上の旅行サイトでは、だいたい9月頃から紅葉情報の掲載が始まり、お天気のサイトでは、10月頃から掲載が始まります。

紅葉の景色は大変美しいものですが、気候条件によってはより美しい景色を眺める事ができるのだそうです。

高原や山岳といった場所の紅葉が美しいのは、この美しい紅葉を生み出す気候条件が揃い易いからだと言われています。

紅葉

その気候条件というのは、

「晴天が続く等、好天に恵まれ、葉が日光を十分に受けている」

 

「最低気温が8℃以下の日が続いている」

 

「昼と夜の寒暖差が激しい」

 

「湿度が低く、乾燥気味である」

 

といった条件で、これに夏の気温が高い事や、雨の降水量が多いといった条件が重なると、さらに美しくなるそうです。

 

さて、関東地方にはこれらの条件を満たす様な紅葉スポットはあるのでしょうか?高原や山岳地方とはまったく環境が異なる都心部でも美しい紅葉が見られるのでしょうか。

 

 

関東の紅葉、おすすめスポットは?

 

関東地方の紅葉人気スポットはいずれも混雑する可能性が高いですが、散策を兼ねてしばらく歩いてみると、意外と人の少ない穴場を発見できる事もあります。

 

<東京都>

明治神宮外苑

紅葉 明治神宮外苑

色づき始めは11月中旬。見ごろは11月下旬~12月上旬。テレビの撮影にも多く使われるイチョウ並木が人気。

歩道に積もる落ち葉が黄金の絨毯の様で大変美しい。

 

 

 

六義園

紅葉 六義園

色づき始めは11月中旬。見ごろは11月下旬~12月上旬。約500本のモミジの木が鮮やかな色に染まり、庭園を美しく彩る。夜

間ライトアップも実施され、夜間の幻想的な紅葉風景を眺める事もできる。

 

 

<神奈川県>

 

大山寺・大山阿夫利神社

伊勢原市にある大山寺・大山阿夫利神社は、楓の紅葉が美しく、色づき始めは11月中旬、見ごろは11月下旬。

この時期、観光客は参道の階段を真っ赤に染める楓の紅葉に出迎えられる。

紅葉 大山寺・大山阿夫利神社

 

<千葉県>

 

養老渓谷

紅葉 養老渓谷

市原市にある養老渓谷はハイキングの人気スポットでもあり、紅葉狩りとハイキングの両方を楽しむ観光客で賑わう。

色づき始めは11月中旬、見ごろは11月下旬~12月上旬。モミジや楓といった代表的な木々の他、クヌギやナラの紅葉も見られる。

 

 

もみじロード

紅葉 もみじロード

富津市を流れる志駒川に沿う県道182号線に約10㎞に渡って植えられた約1,000本のイロハもみじ。色づきは11月下旬で、見ごろは12月上旬。県内屈指の紅葉スポットとして大変人気がある。

 

 

<埼玉県>

金鳳山 平林禅寺

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

新座市にあり平林寺とも呼ばれる。約43haにも及ぶ境内林は、国指定天然記念物にもなっており、モミジやクヌギ、コナラといった雑木林が華麗に色付く模様は一見の価値がある。見ごろは11月下旬~12月上旬。

 

 

<茨城県>

 

西蓮寺の大銀杏

紅葉 西蓮寺

行方市にある西蓮寺の大銀杏は樹齢1,000年を超える大樹で、県の天然記念物に指定されており、その紅葉は見応えがある。見ごろは11月下旬~12月上旬。

 

 

 

<栃木県>

龍王峡

紅葉 龍王峡

日光市にある鬼怒川温泉の龍王峡は、奇岩で有名なスポットで、岩と紅葉した山の木々が作り出す景観はなかなか見られない。見ごろは10月中旬~11月中旬。

 

 

<群馬県>

草津白根山

紅葉 草津白根山

白根火山ロープウェイに乗ると、車窓から見えるナナカマドの紅葉が大変美しい。9月上旬の早い時期から見ごろとなり、10月上旬まで絶景を楽しむことができる。

 

 

今年はまだ催行の発表がありませんが、昨年ははとバスで、明治神宮外苑や六義園といった都内の紅葉スポットを巡り、有名ホテルや日本料理店等で食事をするツアーがありました。

電車で移動するよりも、紅葉に色づく街を車内からゆっくり眺めながら目的地へ連れて行ってもらえるバスツアーはこの時期はかなりお勧めです。

 

養老渓谷や草津白根山の様なハイキングスポットへ紅葉狩りに行く場合は、新宿等のターミナル駅から出発するバスツアーがよく企画されているので、往復にバスを使っても良いと思います。

紅葉を楽しみながらハイキングや散策をすることが目的になっているので、余計な観光は極力排除する事で、かなり安い料金で提供しているツアー等も販売されています。

 

 

東京都のおすすめスポットにも名前の挙がった明治神宮外苑は、その美しい景観を作り出す為に、大変緻密な設計が施されています。

イチョウの高さを少しずつ低くして植える事で遠近法を取り入れ、奥に建つ絵画館が雄大に見える様な工夫がされており、

青山通りから絵画館へ向かう並木道も緩やかな傾斜になっているので、遠近法との相乗効果によって、300m程のイチョウ並木に立体的な奥行きが生まれています。

あの並木道を歩きながら、この話をしてみるのも一興かもしれませんね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す