葬式の服装、男性編【通夜・葬儀・告別式】スーツ、シャツ、靴は?

<スポンサードリンク>


葬式の服装、男性編【通夜・葬儀・告別式】スーツ、シャツ、靴は?

 

『お葬式の服装ってどんなものを着ればいいのか?』 

そんな疑問を持っている方はいませんか?

お葬式は、一生のうちでも数えられるくらいしかないことだと思います。

今回は、男性の葬式の服装について書いていきます。

その他、お葬式での礼儀やマナーなども書いていこうと思います。

葬式 服装 男性

葬式【通夜・葬儀・告別式】の服装は?

まず、お通夜における男性のお葬式の服装を書いていきましょう。

お通夜は、いつも通りのスーツに、黒ネクタイで大丈夫です。

告別式に参列する場合は、スーツ(ダークジャケット)・白シャツ・黒いネクタイ・黒い靴・黒の靴下というように地味な感じの服装が基本です。

派手な服装は避けましょう。最低限のマナーです。
続いて、葬儀・告別式での服装ですが、喪服でなくてもお通夜と同じ格好(地味な平服)でも大丈夫だそうです。ただし、柄物や、シャツ以外で黒以外の色を着ることは避けましょう。

一般的には、ブラックスーツを着るのが基本なのでそこは忘れないようにしましょう。

男性の場合、ブラックスーツは慶事には白ネクタイ、弔事には黒ネクタイと兼用することが可能なので、一着持っておくと便利だと思いますよ。

小物は?

お葬式では、小物にもマナーがありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

①ネクタイ

派手なものや、細いものは避けましょう。基本は黒です。

そして、結ぶときはディンブルを作らないよう結びましょう。ティンブルとは、結び目付近にできるくぼみのことです。

②靴

靴は、黒いものを選びましょう。内羽根のストレートチップがいいようです。

内羽根とは、甲より前の部分に、鳩目の部分が潜り込んでいることです。

艶のあるものは避けましょう。

③鞄

鞄は、飾り気のない黒であれば大丈夫です。ただしショルダーバッグはなるべく避けた方が良いでしょう。黒のビジネスバッグであれば大丈夫だと思います。

④その他

ハンカチは派手な色物・光沢のある物は避けましょう。白無地のものを持っていきましょう。

ネクタイピンはつけないようにしましょう。

 

いろいろと書いていきましたが、お葬式の場では基本は黒や地味目なものを身に付けましょう。

きちんしたマナーを心がけでくださいね。

 

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す