女性ホルモンを増やす方法、減る原因、減らす方法は?食事?ストレス?

<スポンサードリンク>


女性ホルモンを増やす方法、減る原因、減らす方法は?食事?ストレス?

 

女性ホルモンは、女性の性腺に大きく関与するホルモンのひとつです。いったい、私たちの体にどのような働きをもたらしているのでしょう。

女性ホルモンというと女性だけのホルモンという感じに聞こえますが、男性の体内にも微量ですが存在しています。

この女性ホルモンについて詳しく見ていきましょう。

女性ホルモン 増やす方法

女性ホルモンとは?

女性における性ホルモンで、動物も含めて一般的に言う場合は、雌性ホルモンとも言います。

その中でも、エストロゲンは、体に様々な影響を与えてくれます。

・髪の毛が豊かに育つ

・肌のつやが良くなる

・乳腺の発達をよくする

・子宮の動きを活発にさせる

・骨を丈夫にする

などなどこれはまだごく一部です。他にもさまざまな効果があります。

この女性ホルモンの一つ、エストロゲンは男性の体内にも少量ですが分泌され健康の維持に重要な役割を持っています。

 

男性にも女性ホルモンがある?

男性にも少量ですが女性ホルモンは存在しています。

男性の体内でつくられる女性ホルモンの量は、大体女性の半分程度だそうです。

目安として、女性の体内で一生に作られる女性ホルモンの量は、スプーン一杯程度だそうです。なので、男性の一生で分泌される女性ホルモンの量はスプーン半分くらいになります。

そう考えると何だか少ないような気がしますよね。

減る原因は?

女性ホルモンの減る原因は、更年期と更年期前で違いがあります。

更年期になると、それが原因でエストロゲンの分泌量が急激に低下します。

それにより、肩こりやめまい、物忘れがよくあることがあったり、骨粗しょう症や動脈硬化などの病気にかかったりするリスクが上がります。

更年期前だと、症状として、のぼせや肩こり、いらいらや不眠など、不快感を表す症状が現れ始めます。

減らす方法は?

女性ホルモンを減らしたい人もいるかもしれません。女性ホルモンは、寝不足などで減ります。

しかし、あまりいい方法とは言いませんね。なので、いろいろと調べてみたのですが、食べ物で抑えることができるようです。

男性ホルモンの活性化させる亜鉛を多く含む煮干しなどを食べたり、山芋やモズクなどを食べたりすると女性ホルモンの分泌量が抑えられるようですよ。減らすのであれば、健康的に減らしましょうね。

 

増やす方法は?

女性ホルモンを増やす方法は様々ですが、健康面から今回は、女性ホルモンが増える食材を紹介しようと思います。

①   大豆製品

皆さん一度は耳にしたことある、イソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンと女性ホルモンは、似たような働きを持っているので食べてみるのはいかがでしょうか?

②   ナッツ類

ホルモン分泌のバランスを整えてくれる効果があります。

③   マグロの赤身

エストロゲンの代謝に必要なビタミンB6を豊富に含んでおり、マグロ以外の魚にも多く含まれています。

水溶性なので、煮魚などにした場合は煮汁もきちんと飲みましょう。

魚の苦手な方には、バナナでも代用ができますよ。

 

女性ホルモンについて書いていきましたが、少しでも理解していただけたでしょうか。

最近イライラする、寝不足だな・・・など不快な症状がある場合は、ホルモン分泌の手助けをしてくれる食材などを摂りきちんとした生活を送って下さいね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す