LINE(ライン)で既読にしない方法とは?iPhone編。

<スポンサードリンク>


LINE(ライン)で既読にしない方法とは?iPhone編。

 

最近起きた事件の関係で、ニュースやワイドショーでよく取り上げられるLINEライン)。

なかでもトークの機能はグループに属するメンバーとチャットの様にメールができるので、リアルタイムに会話している様な感覚が多くのユーザーから支持を得ていると思われます。

 

自分が投稿した内容をメンバーが読めば「既読」と表示されるのですが、既読になっているのにリプライがないと、ちょっと寂しくなりませんか?

単に忙しくて返信が遅くなっただけという事もありますが、既読表示がされなければ、変な誤解をされる心配も不要です。既読表示をさせない方法を是非覚えておきましょう。

LINE 既読にしない方法

LINEとは?

LINEは、韓国最大のIT企業である「NHN」の日本法人「LINE株式会社」が運営するインスタントメッセンジャーです。

SNSにカテゴライズされる事もありますが、スマートフォン、フィーチャーフォン、パソコン用のインターネット電話、テキストチャットを行うコミュニケーションツールです。

初版のアプリケーションは2011年6月にリリースされ、利用者数は2013年1月に1億人を突破、同年4月には1億5000万人を突破し、7月21日付で2億人を突破したと発表されています。

 

LINEユーザー同士であれば、通信キャリアや端末種別に関係なく、インターネット電話やテキストチャットが使用できます。

また、グループを組んでいるメンバー同士で複数人による通話やチャットも可能です。

特にスマートフォンユーザーであれば、各通信キャリアでパケット定額制のプランに加入しているケースが大半かと思いますが、LINEの通話はパケット通信によるものなので、電話代が実質無料でかけられる事になります。

 

テキストチャットにはスタンプや絵文字が用意されており、無料の物から有料のキャラクタースタンプ、友達を追加すればスタンプがもらえるといったイベント式の物があります。

有料スタンプでも高額な物はなく、¥170程度の価格設定で、アプリケーションの利用に課金するのは気が引けるという方にも購入しやすい値段になっています。

 

 

既読にしないでメッセージを読む方法は?

「既読」が表示される機能というのは、相手がメールを見ていない事による行き違いを防止する為には、とてもありがたい機能ですが、

その一方で「返事をしなければいけない」というプレッシャーを感じたり、既読にも関わらず、返事が来ないことに対するもどかしさを感じる等、精神的なダメージを与えたり、受けたりする機能でもあります。

既読表示をさせずにメッセージを確認する事もできますので、シチュエーションに応じて使ってみると良いでしょう。

下記にiPhoneでの設定方法を記載します。

 

 

①通知センターで読む

iPhoneの「設定」→「通知」→「LINE」の順に選択し、通知センターを「ON」、通知のスタイルで「バナー」を選択しておくと、

iPhoneを使用していない時に受信したメールの内容は、画面中央に表示されます。

LINE iPhone

http://line.howtouse.jp/より引用

 

iPhoneを操作中の場合は、画面上方にメールの内容が表示されます。

LINE iPhone2

http://www.iphone-girl.jp/より引用

 

バナーでメールの内容を確認する場合は、絵文字やスタンプは表現している内容が文字で表示されます。

LINE iPhone3

 

LINEを起動し、トーク画面を表示してメールを確認すると、相手側に「既読」が表示されます。

ここまでの動作を検証した動画を見ると、理解度が一気に上がります。

 

②機内モードをオンにする

 

LINEを起動する前にメールを受信した状態になっている事を確認します。

LINE iPhone4

http://etsukaikata.com/より引用

 

ここで、「設定」→「機内モード」を「オン」にします。Wi-Fiもオフになっている事を一緒に確認して下さい。

機内モードがオンになった状態でLINEを起動すると、「データにアクセスするには、機内モードをオフにするか、Wi-Fiを使用してください」というメッセージが表示されるので、「OK」を選択します。

LINE iPhone5

http://itorisetsu.jp/より引用

この状態でトーク画面を表示すると、既読にしないでメールの内容を確認する事ができます。

再度、既読表示をさせて利用する場合には、LINEを終了させてから、機内モードをオフに変更する必要があります。

 

 

顔の見えないコミュニケーションは手軽である為、気楽に使いたいと思っている人が多数だと思います。

しかし、顔が見えない分、余計な心配をしたり、考えすぎたりして、コミュニケーションを煩わしく感じてしまう人がいる事も事実です。

せっかく便利なツールがあるのですから、負担に感じる事なく楽しく使える様に、こういった機能がある事、簡単に設定できる事を知っておきたいですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す