結婚式の服装、女性編【50代】。パンツスーツ、ワンピース、着物は?

<スポンサードリンク>


結婚式の服装、女性編【50代】。パンツスーツ、ワンピース、着物は?

 

50代で結婚式にご招待頂く場合、多くは甥や姪の親族として、または新郎新婦の親としての立場になると思います。

また、お仕事の関係で部下の結婚式に上司として招かれたり、賓客としての立場で出席する機会が増える様になるでしょう。

自分がそういった立場の人間として結婚式にご招待頂いていることを理解し、恥ずかしくない様な服装で出席できる様に、しっかりと準備しておきたいですね。

結婚式 服装 女性 20代

結婚式の服装は?

50代女性と言えば、もうすっかり洗練された大人の女性ですから、40代と同様に落ち着いた和装スタイルが人気かと思いましたが、意外にも和装よりワンピース等の洋装スタイルの方が人気があるそうです。

ワンピースと言っても、20代~30代の女性が選ぶ様な可愛らしいワンピースドレスではなく、ロング丈のワンピースの様に高級感を感じさせるものが選ばれています。

また、羽織りものもショールやストール、ボレロといった若い世代に好まれるものと異なり、オーガンジーレースのジャケットや、ジャガード織といった、素材にちょっとした高級感があるものをお召しになる女性が多い様です。

結婚式 服装 50代

結婚式 服装 50代2

 

小物は?

アクセサリやバッグに靴といった小物類ですが、50代の服装は色もボールドや深いグリーンなど、どちらかというと、鮮やかな色合いよりも、シックな色合いを好まれる方が多いと思いますし、オーガンジーレースやジャガード織のジャケットをお召しになるのであれば、ジャケットそのものにインパクトがあるデザインとなっているので、シンプルなアクセサリをおつけになるのが良いと思います。

逆にシンプルなデザインのお洋服をお召しになるのであれば、大粒パールのネックレスの様に、ジャラジャラしない程度に目立つアクセサリを付けるか、シンプルなアクセサリ+胸元にコサージュをつけると、お祝いの席に相応しい華やかさとなるでしょう。

 

バッグは和装のスタイルでも使える様にシンプルなデザインで、こういったお祝いの席に持参する様の物を1つ用意しておくのが良いでしょう。

ゴールドやシルバー、パール調の色合いのクラッチバッグ等がお勧めです。ゴールドやシルバーでも、あまりメタリックなものだと、かなり若い人向けのバッグに見られますのでご注意を。

 

靴も普段履いているものを使うのではなく、こういった場に出向く時に履くつもりの物を持っておくのが良いと思います。

本来、お祝いの席ではハイヒールが望ましいと言われていますが、50代を過ぎると、徐々にヒールが低いものを選ぶ様になってくると思いますし、実際に長時間ハイヒールを履くと足がかなり疲れますので、ヒールが低めの靴を選ばれる場合には、飾りがついていたり、デザイン性の高い靴を履く等の考慮をされると良いでしょう。

 

 

二次会の服装は?

50代になると、二次会にご招待される事はそんなに多くないと思いますが、例えば、海外挙式をしてきたので、国内でお披露目パーティをする等、結婚式や披露宴に比べると、カジュアル感が強い会にご招待される機会はあるでしょう。

そういった席では、やはり場の雰囲気にあった服装で出席された方が良いです。

平服の指定が無く、会場がホテルや結婚式場のバンケットの様に、格式ある場で行われるのであれば、結婚式や披露宴と同等の服装でも、特に浮くことはありません。

レストラン等で開かれる場合は、よそ行きのスーツやワンピース等、カジュアルな中にもキッチリとした装いをしておくと良いかと思います。

 

 

50代の女性ともなれば、若い人から見れば人生経験も豊富で、結婚式や披露宴のマナーもしっかりわかっていると見られがちです。

逆に、経験の浅い若い人は、初めての結婚式で、何を着れば良いか、マナーはどうなのか等、しっかり勉強してくる人もいますので、「あれってマナー違反じゃないの?」と噂されない様に気を付けた方が良いですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す