葬式の服装、女性編【通夜・葬儀・告別式】薄化粧?すっぴん?

<スポンサードリンク>


葬式の服装、女性編【通夜・葬儀・告別式】薄化粧?すっぴん?

 

お葬式の服装で困った経験、ありませんか?どのようなものを着ていいか、どのようなものを身に着けていいかなどいろいろあると思います。

お葬式も、一生で行く回数もそんなに多くはないでしょう。

今回は、女性の葬式の服装や化粧のマナーなどを書いていこうと思います。

葬式 服装 女性

葬式【通夜・葬儀・告別式】の服装は?

まず通夜は、訃報を受けたらすぐに弔問に伺うということから、地味な服装であれば普通 の服装で構わないとされています。しかし、明らかに目立つ格好や親族よりも派手な格好をしないよう気をつけましょう。

平服で行く場合は、地味な黒、紺、グレーなどの地味な色を選びましょう。

葬儀では、黒の喪服(スーツスタイルやワンピース、アンサンブルなど)で行きましょう。

ワンピースを着る場合は、素足は失礼に当たるのでストッキングをはきましょう。夏場でも暑いからといって露出する服装はいけません。黒ストッキングがベストです。

スーツ・ワンピースは目立つデザインは好ましくありません。シンプルなものを選びましょう。

スーツスタイルのシャツですが、男性は白シャツでもいいのですが、女性の場合、インナーのシャツやブラウス等は、黒が基本です。間違えないように気をつけましょう。

 

小物は?

小物も注意が必要なものがいくつかあるのできちんと確認してきましょう。

①    鞄

飾り気のないシンプルなものが基本です。

エナメル質のものや、金具の目立つ鞄は避けましょう。

②    靴

パンプスなどは、歩いているとき音のするものは控えましょう。

色は基本黒で飾り気のないものを選びましょう。

③    指輪

指輪は結婚指輪であれば大丈夫です。飾りが目立つなと思ったときは手のひら側に向けて目立たないよう心がけましょう。

おしゃれなどで身に着けている指輪は、外さないといけないので注意しましょう。

④    ネックレス

パールのものを選びましょう。パールは涙を意味しています。パール以外ではオニキスの黒曜石を身に着けても大丈夫です。

ただし、2連になっているネックレスは、不幸が重なるという意味があるのでつけていくのは絶対にやめましょう。

 

化粧はどの程度してよい?

ノーメイクは失礼に当たるので控えた方が良いでしょう。

アイシャドウなどの派手なメイクも失礼に当たります、なのでお化粧の色や下地は派手にならないよう注意しましょう。

 

このように、お葬式で気を付けることをまとめましたが、お葬式では派手な格好は避け落ち着いた格好で行くようにしましょう。

きちんとしたマナーを知っておくことは大切なことですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す