結婚式の服装、女性編【40代】。パンツスーツ、ワンピース、着物は?

<スポンサードリンク>


結婚式の服装、女性編【40代】。パンツスーツ、ワンピース、着物は?

 

40代の女性が招待される結婚式というと、友人のお式よりも会社の部下であったり親族の結婚式という場が多いのではないかと思います。

もちろん、働く女性が主流の今ですから、40代になってからご結婚される方も非常に多く、友人の結婚式にも参加する機会も大いにあるでしょう。

20代~30代の女性が結婚式に着ていく服装は想像がつきますが、40代になるとどういった服装をするのが良いのでしょうか。

結婚式 服装 女性 20代

結婚式の服装は?

40代女性から結婚式の服装として圧倒的な支持を得ているのは、和装の訪問着です。

20代~30代の女性が着る様なワンピースやミニドレスの様な服装は好まれず、シンプルなスーツや、ロングドレスといったエレガントな装いが人気です。

シンプルなスーツであっても、胸元に豪華なコサージュをつける等、大人の女性ならではのおしゃれを選択しています。

 

和装で出席される場合は、格の上下に気を付ける様にしましょう。

新郎新婦のご両親が格上となる様な装いをしなければなりませんので、着物に入れる紋の数に注意して下さい。

また、紋を入れるのであれば訪問着ではなく、色留袖を選択する様にしましょう。

自分が親族の立場として出席するなら、色留袖か黒留袖で3つ紋。

賓客として出席するなら、色留袖で3つ紋。

一般のゲストとして出席するなら、無紋の訪問着か、色留袖で1つ紋とするのが多い様です。

訪問着に紋を入れても良いのですが、模様の関係で無理に紋を入れない方が美しい場合もあり、現在は無紋で着る方が、多いそうです。

 

 

5つ紋・・・正礼装の着物。背紋×1、袖紋×2、抱紋×2箇所。

3つ紋・・・準礼装の着物。背紋×1、袖紋×2箇所。

1つ紋・・・略礼装の着物。背紋×1箇所。

結婚式 紋

 

小物はどうするの?

アクセサリは若い世代に多い、イミテーションではなく、本物のダイヤなど価値のあるアクセサリを身につけるのが、とても似合う年齢です。

小ぶりでも本物の輝きを放つアクセサリを上品に身につけるのが美しいですね。

洋装になると、どうしても落ち着いた色合いを選んでしまい、黒っぽい暗い感じになりやすいので、ゴールドやシルバーといった、華やかさを出せる様なバッグや靴を選んで、高級感のあるスタイルにまとめられると良いかと思います。

 

ヘアスタイルは?

和装の場合も洋装の場合も、結婚式場の美容室や、自分が普段から通っている美容院でセットしてもらうのが、一番無難ですし、仕上がりも大変美しいです。

プロの美容師は、本人の要望に加え、当日着る衣装に合わせたスタイルを提案してくれますし、ヘアアクセサリも落ちない様に、しっかりセットしてくれるので、ヘアスタイルの崩れを気にする心配も不要です。

自分でセットをする場合でも、ブローをしてふんわりとした立ち上がりを持たせたり、コテを使ってエレガントな巻き髪にする等、普段のヘアセットとは異なるアレンジをするのが良いでしょう。

 

自分でヘアセットを行う場合は、仕上がりの雰囲気が想像していたのと違ったり、あれこれ試してみたりと時間を取られがちなので、

前もって服装とヘアスタイルが合っているか、自分でできるのかを確認しておき、時間に余裕をもって取り掛かる様にした方が良いです。

 

 

二次会の服装は?

二次会となると、さすがに和装では堅苦しさを感じるでしょうから、フォーマル用ではなく、余所行きで着る様な、ワンピースやスーツのスタイルで良いと思います。

スーツといってもビジネスで着る様なスーツではなく、レース仕立てになっていたり、光沢のある生地でしつらえてあったり、どこかしら華やかな仕様になっているものを選ぶと良いと思います。

40代の和装スタイルは、大人の女性といった雰囲気が醸し出され、結婚式や披露宴の場にも凛とした空気感が生まれて、とてもよいアクセントになると思います。

神前式に限らず、教会式の結婚式にもふさわしい日本ならではの礼装です。

40代を迎えた時に一番似合うスタイルですので、ぜひ和装で結婚式にお出かけになってはいかがでしょうか。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す