ディズニーランドのチケットを定価より格安、割引で購入する方法。

<スポンサードリンク>


ディズニーランドのチケットを定価より格安、割引で購入する方法。

 

今年は東京ディズニーリゾートの開業30周年にあたる、ハピネスイヤー。

東京ディズニーランドでは、ハピネスイヤーを祝う様々なイベントや特別なデコレーション、新しいパレードに、ハピネスイヤー限定グッズの発売等、今年ならではの催しに毎日活気が溢れています。

夢と魔法の王国へいざ行こうと思い立っても、さて、家族全員でいったいいくらかかるのでしょう?

ディズニーランド チケット 格安

 

東京ディズニーランドとは?

東京ディズニーランドは、1983年(昭和58年)4月15日に千葉県浦安市舞浜にオープンしました。

園内は7つのエリアに分かれており、それぞれのエリアにテーマが設けられています。

ディズニーランド 園内

 

 

ワールドバザール・・・20世紀最初のアメリカにおける典型的な地方都市の街並みを再現したショッピングアーケード。

 

アドベンチャーランド・・・未開の地やジャングル、海賊のいる世界を探検・冒険する事をテーマにしたエリア。

 

ウェスタンランド・・・開拓期のアメリカ西部の街並みを再現したエリア。

 

クリッターカントリー・・・映画「南部の唄」を題材にした小動物達が住む郷をテーマにしたエリア。

 

ファンタジーランド・・・西洋のおとぎ話をテーマにしたエリア。

 

トゥーンタウン・・・ミッキーマウスと仲間たちが住む街をテーマにしたエリア。

 

トゥモローランド・・・人類に未来を感じさせる技術等を使った、未来の国をテーマにしたエリア。

 

東京ディズニーランドにはディズニーの映画やアニメに登場するキャラクターがおり、いろいろな場所に出没します。

メインエントランスでは、毎日決まった時間にキャラクターに会える、キャラクターグリーティングが行われており、園内でキャラクターに会える場所がわかるマップも配布されています。

トゥーンタウンにある、「ミッキーの家とミート・ミッキー」のアトラクションでは、必ずミッキーマウスに会うことができ、一緒に記念撮影も可能です。キャストの方が写真を撮ってくれるので、シャッターを押す為に誰かが犠牲になるという事がありません

 

再入園も可能な為、ディズニーランドとディズニーシーを1日で両方楽しんだり、宿泊するホテルでお昼寝をしてから、再度遊びに来るといった事も可能です。

 

ディズニーランドのチケットの定価価格は?

開園時から2001年3月まではアトラクション種別毎にA~Eまでのチケットが必要でしたが、2001年4月より全種のアトラクションに使えるパスポートに一本化されました。

パスポートの料金は、大人(18歳以上)、中人(12~17歳の中学・高校生)、小人(4~11歳の幼児・小学生)の料金設定があり、3歳以下の子供は無料です。

 

1デーパスポート

大人¥6,200 中人¥5,300 小人¥4,100

※60歳以上の方は¥5,500のシニアパスポートの取扱いがあります

 

スターライトパスポート

土日祝日の15時から入園できるパスポート。スターライトパスポート取扱日のみの利用となります。

大人¥4,900 中人¥4,300 小人¥3,400

 

アフター6パスポート

祝日を除いた月~金曜日の平日18時から入園できるパスポート。アフター6パスポート取扱日のみの利用となります。

料金一律¥3,300

 

この他にも年間パスポートや団体割引のある団体パスポート、2日間以上遊ぶ方向けのマルチデーパスポートの設定があります。

 

 

パスポートを安く購入する方法は無いの?

パスポートの金額は決して安いものではなく、他の遊園地の1日券と比べても数千円高い値段設定です。

その為、少しでも安く買える方法があれば、ぜひ活用して遊びに行きたいですね。

 

 

●ファンダフル・ディズニーの会員になると、特別価格で買える

東京ディズニーリゾート・パーク・ファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」の会員になると、

1年間に3回(1回あたり会員本人につき6枚迄)、特別価格でパスポートを購入できます。

ファンクラブの入会金は無料、年会費は¥3,150です。

 

<パスポート特別価格>

大人¥5,200(-¥1,000) 中人¥4,600(-¥700) 小人¥3,600(-¥500)

※2013年の購入期間は、2013年5月16日~2014年3月31日迄

 

 

●マジックキングダムクラブの会員になると、特別料金で買える

マジックキングダムクラブは企業が加入対象となり、加入した企業の従業員及び家族が特別価格でパスポートを購入できます。ただし、現在マジックキングダムクラブへの新規加入は見合わせとなっています。

 

<パスポート特別価格>

大人¥5,800(-¥400) 中人¥4,900(-¥400) 小人¥3,900(-¥200)

 

 

●スポンサー企業のスポンサーパスポートを購入する

アトラクション等のスポンサー企業向けに特別価格のスポンサーパスポートがあります。

この価格は企業によって異なる様なので、お知り合いにスポンサー企業にお勤めの方がいたら、購入できるか聞いてみるのも手です。

 

 

●生協のコーポレーションデーパスポートを購入する

生協のカタログや窓口で販売されるパスポートで、発売期間が決まっています。また、どこの生協でも取扱いがある訳では無い様です。

価格はだいたい¥1,000引きぐらいの値段設定との事です。生協の会員になるか、会員のお知り合いにお願いする必要があります。

 

 

●株主優待を利用する

ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドの株主になると、保有株数に応じてパスポートがもらえます。

9月、3月の末日を割当基準日とし、年間に2回もらえるチャンスがあります。

100株以上・・・1枚、200株以上・・・2枚、300株以上・・・3枚、

400株以上・・・4枚、500株以上・・・5枚、3,000株以上・・・6枚

株価は毎日変動がありますが、最近は1株あたり平均して¥15,000台、単元株数は100株からとなっていますので、最低でも購入当日の株価×100、150万円以上のお金が必要になります。

 

 

●オークションを利用する

インターネットオークションや、金券ショップでも東京ディズニーランドのパスポートが取扱われています。

オークションを利用する場合、取引の結果によっては、安く手に入れられる事もあれば、送料を含めると高くついてしまう事もあるので注意が必要です。

 

また、パスポートでは無く、パスポート購入時に割引をしてもらえる「利用券」の出品もありますので、間違えて購入しない様に、出品内容をよく読んでから落札しましょう。

 

期間限定割引を利用しよう

東京ディズニーランドでは、様々な期間限定割引のパスポートを販売していますので、ぜひこちらも活用してください。

 

●45歳以上限定45PLUSパスポート

土日祝日を除く平日限定で利用可能。2014年3月31日まで販売し、利用も同日迄となります。

45歳以上の方向けの割引な為、購入時には年齢が証明できるものを持参する必要があります。

価格は¥5,500(-¥700)

 

 

●今だけ!夏5パスポート

通常のアフター6パスポートより1時間早い夕方17時から入園可能で価格はアフター6パスポートと同額(¥3,300)

2013年7月8日~2013年8月31日迄の販売。期間中はアフター6パスポートの取扱いはありません。

 

●地域限定スペシャルパスポート

県民感謝週間パスポートとも呼ばれ、各都道府県に在住、通学、通勤している人を対象に割引価格で販売されるパスポートです。

現時点では販売されている地域はありませんが、都民の日県民の日といった日程近辺で販売される事が多く、地域によって価格も異なります。

コンビニエンスストアや地域の広報誌、折込チラシ、ディズニーストアやローソンチケット、JR等で告知されます。

 

●キャンパスデーパスポート

全国の中学生、高校生、専門学校、短大、大学、大学院生向けの学割パスポート

販売は、2013年12月6日~2014年3月14日迄で、利用期間は2014年1月6日~2014年3月14日迄となります。 価格は、

大学生・大学院生・短大生・専門学生(18 歳以上)¥5,200 (-¥1,000)、

中高生(12 歳~17 歳)¥ 4,600 (-¥700)です。

 

以前は金券ショップでも東京ディズニーランドのチケットを取り扱っていましたが、現在では買取不可としているショップが増えています。

それは、東京ディズニーランドのエントランスゲートが従来の自動改札型から、バーコード読取型へ移行している事が理由です。

自動改札型のパスポートでは使用済みの場合、パスポートに丸い穴があく様になっていたのですが、バーコード読取型では、データ上でしか使用済みか否かがわからず、外見上判断する事が出来ない為、既に使用されたパスポートが金券ショップに売られる懸念があったからです。

 

東京ディズニーランドのパスポート価格はテーマパークの中でも高い方だと思いますが、その分の価値がある1日を過ごせる事は間違いないです。

アトラクションはもとより、設備やサービス、ホスピタリティのレベルはかなり高く、パスポートを安く手に入れることができるなら、何度でも通いたくなる場所だと思いますよ。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す