蕁麻疹の原因はストレス?春夏秋冬季節の変わり目?薬の副作用は?

<スポンサードリンク>


蕁麻疹の原因はストレス?春夏秋冬季節の変わり目?薬の副作用は?

 

何かの拍子に腕に赤いブツブツができて痒みを帯びてくると、「蕁麻疹が出た」と表現する人がいますが、それは本当に蕁麻疹でしょうか?

正しい判断を自分でするのは難しいと思いますが、病院にかかる時に、蕁麻疹と決めつけて先生に症状を話すのは良くないですね。

勿論、先生は症状を見れば蕁麻疹なのか、そうではないのか判断できますが、誤った情報から間違った治療へと流れない様に気を付けたいものです。

蕁麻疹

蕁麻疹とは?

皮膚に赤い発疹が出たことを「蕁麻疹」と言ってしまう人がいますが、その様な症状全てが蕁麻疹に該当する訳ではありません。

蕁麻疹かな?と思ったら、まずその症状の出方を確認して下さい。

蕁麻疹の場合は、蚊に刺された様に赤く腫れて痒みが出てきます。その腫れは、数時間か一日以内には消えてしまい、治ったかなと思うと、また同じ様に赤く腫れて痒くなり、また腫れが引くというのを繰り返します。

腫れて痒い箇所を掻いたりこすったりしてしまうと、部位がどんどん広がり、痒みも増していきます。

この症状が数日で治まるものを「急性蕁麻疹」と言い、1ヶ月以上続くものを「慢性蕁麻疹」と言います。

蕁麻疹 原因

 

原因は?

蕁麻疹が出る原因としてよく言われるのが「アレルギー」です。確かにアレルギーから蕁麻疹になる事はありますが、

アレルギー以外にも、何らかの病気や、刺激、運動等が引き金となって蕁麻疹が出てくる事はあるのです。

<アレルギー>

蕎麦、小麦、甲殻類等の魚介等の食物アレルギー、花粉、ほこりといったハウスダスト等のアレルギー

植物に触れたり、虫に刺された事によって起きるアレルギー、抗生物質等に対する薬剤アレルギー

 

 

<病気>

胃腸、肝臓等の内臓疾患、細菌・ウィルスによる感染症等

 

 

<物理的刺激>

日光、振動、温熱、寒冷、圧迫、擦過

 

 

<運動>

身体的・精神的な疲労や、ストレス、睡眠不足等

 

近年では、特定の食品を食べた後に運動をすると、蕁麻疹の他に、血圧低下、呼吸困難といったアナフィラキシー症状を起こす場合があるという症状が確認され、これを「運動性誘発蕁麻疹」と呼んでいます。

 

 

季節の変わり目に蕁麻疹を発症したり、夏の間だけ、冬の間だけといった様に季節性の蕁麻疹を患う場合もありますが、蕁麻疹の発症は何が引き金になったのか、はっきりとわからないケースが多い為、原因を判別するのは難しいところがあります。

その為、季節性の蕁麻疹においては、季節が原因というより、季節の変わり目に体調を崩していたから発症したのであったり、先述した物理的刺激に該当する、夏の強い日光に当たったり、冬の冷たい外気に触れたことが実際の原因である事が多いです。

 

つい先日、歌手の浜崎あゆみさんが、蕁麻疹で休養している事をTwitterでつぶやいていましたが、蕁麻疹の原因については言及されていません。

ただ、現在浜崎さんはデビュー15周年を記念する全国ツアーの真っ最中との事で、4月の半ばから7月末まで、かなり忙しいスケジュールになっている様です。

特に梅雨が明けてからは猛暑が続き、かなり体に負担がかかったのではないかと予想がされます。

何かに過敏に反応する体質でというより、身体的・精神的疲労等からくる蕁麻疹だったのではないでしょうか。

 

 

蕁麻疹が出たらどの様に対処すれば良いの?

蕁麻疹が出たら皮膚科の先生に診ていただくのが一番良いのですが、夜間や休日等、病院へすぐに行けない時は、以下の点に気を付けましょう。

 

 ・入浴する際は熱すぎるお湯につかったり、長湯を避け、患部をこすらない様にする

 ・激しい運動はしない

 ・患部を掻かない

 ・睡眠をしっかり取る

 ・食事の際は、刺激を避け消化に良いものを食べる

 

病院では先生の診断によって、治療方法が異なりますが、以下の2つの療法で治療する事になります。

 

蕁麻疹の原因となる要素を排除する、または避ける様にする

抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤等の投薬治療を行う

 

急性蕁麻疹であれば、一度きりもしくは1ヶ月も経過すれば再発しなくなり、物理的要因による蕁麻疹の場合は、数ケ月~数年の間に徐々に蕁麻疹が出なくなってきます。

慢性蕁麻疹の場合は、原因がはっきりしない事から、自分で蕁麻疹の原因となる要素を排除したり、避けたりすることが非常に難しく、数年に渡って何度も蕁麻疹の発症を繰り返す事になります。

ただし、投薬を続けていれば症状を抑える事ができますし、投薬を止めてしまえば再び蕁麻疹が発症します。

長期に渡って薬を飲み続ける必要はありますが、この薬を飲み続けるという行為によって、蕁麻疹の発症を抑え、少しづつ薬の量を減らして、最終的には投薬終了という形で治療を終わらせる事ができる様になる為、慢性蕁麻疹の場合は、根気強く治療に向き合う心構えが必要になります。

 

 

薬の副作用はあるの?

抗ヒスタミン剤には、第一世代、第二世代の2種類があり、市販されている抗ヒスタミン剤は第一世代です。

第一世代の抗ヒスタミン剤には、眼圧が高くなる、尿が出にくくなる、眠気が強くなるといった副作用があります。

第二世代の抗ヒスタミン剤は副作用が少ないと言われていますが、薬剤の効果に個人差があるそうです。

特に市販薬を購入する場合には、パッケージにある説明を読むだけでなく、薬剤師さんに説明を求める等して、どういった副作用が出るのかをしっかり確認してから購入しましょう。

 

 

慢性蕁麻疹の場合は、原因不明かつ長期間の治療が必要となる為、患者本人がかなり強い気持ちで蕁麻疹と闘わなければなりません。

投薬だけではなく、規則正しい生活、十分な栄養や休息を取る等、生活習慣も同時に見直して、1日でも早く治療が終わる様にしましょう。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す