結婚式の服装、女性編【30代】。スーツ、ワンピース、ブランドは?

<スポンサードリンク>


結婚式の服装、女性編【30代】。スーツ、ワンピース、ブランドは?

 

30代になると、学生時代の友人や、同僚の結婚式に招待される事も多くなってくると思いますが、

結婚式にはどの様な装いで出席されていますか?

20代の頃と同じ様な服装やアクセサリでは、30代らしさが隠れてしまいます。

30代らしい落着きと大人の装いができる様にしておきましょう。

結婚式 服装 女性 20代

 

結婚式の服装は?

結婚式の服装のルールは20代となんら変わりはありません。ルールが変わらないのであれば、20代の服装やアクセサリと同じでも良いのでは?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

同じルールの中で、年齢と共に身につけるであろう落着きや雰囲気という要素を十分に活かしてこそ、大人の女性と言えるのです。

 

例えば、ノースリーブのワンピースを選んだ場合、夜のパーティでなければ肌の露出はNGというルールがあったと思います。そんな時、何を羽織りますか?

 

ストールやボレロを選ぶのは20代の選択です。30代であれば、ノースリーブではなく、シースルーの様な透け感のある袖がついたワンピースを選んだ方が、大人の色気がグッと出てきます。

披露宴では肌が透けるシースルーはあまりよくないという意見もありますが、二の腕を隠すぐらいの部分的なシースルーであればさほど気にしなくても良いと思います。

 

また、原則として素足での出席はダメですが、限りなく素足に近い状態になるストッキングを選び、素足感を出しましょう。

LANVIN、LE BOURGET、ibiciといった海外メーカーのストッキングがクオリティが高く、人気があります。

黒いドレスを着る場合であっても、黒のタイツやストッキングは避け、またカラータイツもやめましょう。

 

 

和装で出席する場合は、訪問着がお勧めです。

未婚であれば振袖でも構いませんが、未婚であってもだいたい30歳丁度ぐらいの年齢が振袖を着られるボーダーラインと考える人が多い様です。

中振袖や小振袖であれば30代でも全く抵抗なく着られるでしょう。

結婚式 振袖

 

小物はどうしたら良いの?

アクセサリはパールを中心に選び、夜のパーティであればゴールド等の光る素材のアクセサリを取り入れましょう。

アクセサリは控えめなデザインにして、上品さを出した方が良いでしょう。

 

靴とバッグはシンプルかつデザインが美しいと思えるものをワンセット持っていれば、どんなドレスにも合わせる事ができるので、大変重宝します。

バッグが和装に合わせる事もできるので、購入する際は、手持ちのドレスだけに合わせるのではなく、今後の使い回しも考えて購入した方が良いです。

 

靴は普段にも履けるといった考えで購入するのではなく、パーティや結婚式に招待された時用のものとして考え、使わない時は大切に保管する様に心がけましょう。

 

 

ヘアスタイルは?

30代女性が目指す結婚式でのヘアスタイルは、「華やかであり、上質感があること」です。

華やかさを目指すばかりに、派手なヘアアクセサリを付けたり、盛ったり、やりすぎない様に上手にアレンジすることが大切です。

20代によく見られる逆毛を使ったアップスタイルではなく、シニヨンを組み合わせたり、

夜会巻きの様なエレガントなスタイルを取り入れると、大人の雰囲気が出てとても洗練された感じがします。

 

 

二次会の服装は?

30代の女性に有りがちなのは、落ち着いた色を選んだつもりで黒の装いをしてしまう事。

黒の装いがいけないわけではなく、多くの女性が黒を選んでしまいがちなので、二次会の場がなんとなく、黒っぽい人で多くなってしまい、華やかさに欠けてしまうのです。

ゲストの役割は、新郎新婦に華を添える事でもあるので、場の雰囲気を明るくする様な色味の装いをすることが大事です。

30代以上の女性向けパーティファッションを取り扱うネットショップを見ると、派手な色のものは少なく、丈も膝下ぐらいのものが多いです。

アクセサリもジャラジャラしたものは使わず、シンプルなものを身につけている写真が多いですが、決して地味に見えることはありません。むしろ上品です。

 

 

30代という年齢は非常に難しく、若くありたいという気持ちと大人の女性として扱われたいという気持ちに揺れ動く年頃だと思います。

若くありたいという気持ちを持ち続けるのは、美意識を保つ上で、とても良いことではありますが、これから年を重ねていくのですから、服装や立ち居振る舞いは、年相応に洗練させていきたいですね。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す