なす(茄子)の栄養、旬の時期、季節は?種類は?レシピのオススメは?

<スポンサードリンク>


なす(茄子)の栄養、旬の時期、季節は?種類は?レシピのオススメは?

 

これからはなす茄子)のおいしい季節ですね。

みなさんはどんななすを食べますか?

なすは、長細いもの・たまごのような形のもの・丸いものと様々な形があり味もそれぞれ違います。

そんななすの旬や種類、おいしい食べ方の紹介です。

なす 茄子

なすとは?

なすは、なす科なす属でその果実のことを言います。

癖のない淡泊な味が特徴です。油との相性がよく天ぷらなどにして食べるとおいしいです。

おいしいなすの選び方は、まず皮を確認します。濃い紫で張りとツヤのあるものを選びましょう。次に、へたを見てみましょう。みずみずしくとげがピンとしているものがおいしい目印です。

最後に手に持ってずっしりとくるか確認しましょう。見た目が同じくらいなら、しっかりとした重みのあるものを選ぶと良いでしょう。

 

旬の時期、季節、栄養などは?

なすのは、夏場です。地方固有のなすだと時期がずれるかもしれませんが、主にスーパーなどで売られている一般的ななすは夏が旬になります。夏野菜としても有名ですよね。

その他、秋茄子と呼ばれるものもあります。こちらは9月ごろに収穫されます。実が締まっており、種も少なく おいしいです。

なすの栄養は、ビタミンBやビタミンC・カルシウムや鉄分などのミネラル成分・食物繊維などをバランスよく含んでいます。そしてなすは94%が水分と言われています。

なので、なすは生体調節機能が優れているといわれ。特に食物繊維が豊富なので、便秘改善や大腸がん予防にも優れています。その他、血糖値の上昇も抑えるので、糖尿病や肥満を防ぐ効果もあります。

 

主な産地は?

なすは、世界で見ると日本が一番多いようです。

そして日本の中で一番生産が多いのは、高知県です。

種類も豊富に栽培されています。

ちなみに、消費量が日本一なのが新潟県だそうですよ。

 

なすの種類は?

ここでは、スーパーなどでよく見かけるなすの紹介です。

①   長なす

スーパーなどでよく見る一般的ななすです。

大体15センチ前後のものが多いようです。

焼いたり・煮たり・揚げ物にして食べたりするのがおすすめです。

②   丸なす

名前の通りコロッと丸い形をしたなすです。

果肉が緻密ですっじりとしているのが特徴です。

揚げ物・焼き物にして食べるのがおすすめです。

③   子なす

小さ目で、丸型と卵型があります。

皮が柔らかく肉質が締まっているのが特徴で、お漬物にして食べるとおいしいです。

 

オススメのレシピ

なすは、加熱するととても柔らかくなり、口当たりがとても滑らかになります。

味もさっぱりしているので、暑い今の時期にはちょうどいい食べ物です。

焼きなす天ぷらなどがオススメです。

なす自体の味は薄いので、つけるタレなどの少し味を濃くするとおいしくなります。

他にも、少し塩をふりかけて薄味で食べるのもおいしいでしょう。

 

なすのことについて書いてきましたがいかがだったでしょうか?

これから旬のなすを楽しみながら食べてみて下さいね♪

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す