結婚式の服装、男性編。スーツ、ネクタイ、ワイシャツ、靴、鞄は?

<スポンサードリンク>


結婚式の服装、男性編。スーツ、ネクタイ、ワイシャツ、靴、鞄は?

 

結婚式披露宴パーティにご招待されると、何を着たら良いものか迷いますね。

会社に着て行くスーツにちょっとおしゃれなシャツネクタイで済ませてしまう人はいませんか?

パーティの時間帯や、会場の格式によってルールがありますから、しっかりと基本を押さえた装いで堂々と出席しましょう。

結婚式 服装 男性

 

結婚式の服装は?

結婚式、披露宴等のセレモニーパーティの席では、礼装に身を包んで出席すべきです。

礼装にも、正礼装準礼装略礼装があり、時間帯や格式によって使い分けます。

 

 

正礼装

モーニングコート・・・昼の正礼装。新郎新婦の父親や主賓が着る事が多い。宮中行事や式典でも着られる。

タキシード・・・夜の正礼装。もともとは燕尾服が夜の正礼装でタキシードは燕尾服の略式だった。

 

 

準礼装

ディレクターズスーツ(※)、ブラックスーツ・・・昼の準礼装。親族や立場のある方はディレクターズスーツ、一般の招待客であればブラックスーツで良い。

ファンシータキシードファンシースーツ・・・夜の準礼装。ファンシータキシードは白やグレーのタキシードを指すが、正礼装のタキシードにタイを代える等するのがお勧め。

スーツの場合は、光沢のあるグレーやベージュといった色を選び、小物を使ってビジネス感を無くす方が良い。

 

略礼装

ダークスーツ・・・昼、夜どちらの時間帯にも使える。平服指定のパーティ等では小物を使って多少フォーマル感を出した方が良い。

 

 

※ディレクターズスーツ:黒い上着に黒とグレー(もしくは白)のストライプ柄のズボンを合わせたスーツ。ディレクターは重役の意味で、ある程度の立場のある方が着るのに適している。

 

タキシードやディレクターズスーツは、着こなし方を覚えておけばかなり着まわしが効きますし、礼装の格も高い為、殆どの結婚式やパーティで着ることができるでしょう。

結婚式 タキシード 結婚式 ディレクターズスーツ

※引用:http://www.amico.jp/styling/

 

小物は何を使えば良いの?

小物使いをマスターしておけば、お手持ちのスーツやジャケットでもフォーマル度を上げた着こなしができる様になります。

ネクタイ

柄が入ったものでも、黒がベースになっているネクタイや派手なものは避け、正装時に選ぶ色とされている、白やシルバーグレーを選びます。

ブラックスーツやダークスーツを着る場合は、黒と白のストライプのネクタイが良く合います。

シャツの色とも合っているかを良く確認して選びましょう。

 

アスコットタイ

モーニングコートに合わせるタイですが、ブラックスーツに合わせるとフォーマル度があがります。

結婚式 アスコットタイ

 

ボウタイ

タキシードに合わせるタイですが、ブラックスーツにボウタイを合わせるとタキシードを着ている様な雰囲気が作り出されます。

結婚式 ボウタイ

 

ポケットチーフ

シルクが主流で、白やシルバーグレーといった色を選びましょう。ダークスーツを着ている時は、ネクタイの色と合わせるとオシャレ。

 

カフスボタン

袖口が二重になったダブルカフスと呼ばれるシャツに使用。プラスチック製、チェーンや紐式のカフス以外を選びましょう。

 

 

靴やカバンはどうするの?

黒い革靴であっても、実際には紐靴がフォーマルの靴です。紐靴であっても、靴底はゴムでは無く、皮のものを選ぶか、

外から見てゴム底だとわからないデザインの物を選ぶ様に注意してください。

最近では茶色の革靴も多く販売されていますが、平服指定のパーティであれば茶色の革靴も大丈夫です。

何れにしても靴はしっかり磨いて、光沢・ツヤのある靴で出かけましょう。

 

ご祝儀袋にカメラにタバコ等、意外と結婚式に持って行く荷物はあるのですが、男性は殆どの人がカバンを持たずに内ポケット等に入れています。

お歳を召された方であれば、セカンドバッグをご持参されているのをお見かけしますが、若い人は殆どがカバンを持って来ません。

どうしても荷物がある方は、ホテルや式場にクロークがあれば、バッグを預ける事もできるので、レザートートの様なバッグを一つ持っていると良いですね。

 

 

二次会の服装は?

二次会の場合は、平服でという指定がされたり、カジュアルな雰囲気で行うことも多い為、略礼装に該当する服装で良いのですが、

式や披露宴から連続して出席される方もいたりするので、フォーマル感にバラつきがあるのが現状です。

 

披露宴から続けて出席する場合は、披露宴に出席する際、ブラックスーツに自分の好きな色のワイシャツ、白ネクタイ、胸にはポケットチーフ、足元は革靴でコーディネートしておきましょう。

もし着替える時間があり、オシャレを楽しみたい場合は、ネクタイを代えたり、ワイシャツの色を変える等、アレンジを加えるのも良いです。ただし、新郎新婦が自分の上司や先輩にあたる場合は、ネクタイを着用しましょう。

 

二次会のみ出席する場合も、ブラックスーツが良いでしょう。カラーシャツやオシャレなネクタイでコーディネートして下さい。会場や出席者の顔ぶれなどで、カジュアル感が強いパーティになるのがわかっている場合には、多少ラフな格好でも大丈夫ですが、ジャケットを着用する様な服装にしておけば問題ないと思われます。

いくらカジュアルな二次会とはいえ、新郎新婦や他のゲストに失礼にあたる事がない様に、ある程度はキチンとした格好をするように心がけておきましょう。

 

 

時期によっては結婚式が続いたり、出席する友人がかぶったりして、毎回同じコーディネートではちょっとと思う事があるかもしれません。

毎回スーツを買い直していたら大変な出費になりますので、ネクタイやシャツ、ポケットチーフを何種類か用意しておくと対応できますね。

チーフの折り方にも種類がありますので、マスターしておくと着こなしの幅が広がりますよ。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す