大根(ダイコン)の栄養、旬の時期、季節は?おすすめの大根おろし機は?

<スポンサードリンク>


大根(ダイコン)の栄養、旬の時期、季節は?おすすめの大根おろし機は?

 

大根ダイコン)は、加熱したり、すりおろしたり、干したりと様々な食べ方ができる野菜です。

春の七草のひとつ「すずしろ」としても知られています。

そんな大根の栄養や、時期おすすめの食べ方などを書いていこうと思います。

 

大根とは?

大根は、アブラナ科ダイコン属という分類に入り、野菜として広く栽培されています。

品種も、多くで色や形も様々です。

大根は、アミラーゼペルオキシダーゼなどの消化酵素の働きや、有害物質を駆除する効果などがあります。生活習慣病の予防やがんの予防に効果があります。

冬場に多く出回ります。旬の時期は、12月~2月くらいがおいしく食べられる時期になります。

大根は冷涼な気候の地域(北海道青森) などで主に生産されているようです。

 

・大根の種類は?

大根と一言で言っても種類は様々です。

いくつかスーパーなどでよく見かける大根の紹介をしようと思います。

①   青首大根

現在一番出回っている大根です。円筒形で寝の上部が淡緑色をしています。

水分が多く、甘みが強いのが特徴です。

②   白首大根

青首大根と違い、地表に出ている部分が白いのが特徴です。

古くから知られる大根で、たくあん用に多く使われています。

③   ラディッシュ

ヨーロッパ系の大根の仲間です。

種をまいて、3週間程度で収穫できるのが特徴です。別名二十日大根とも呼ばれます。

実は、丸いものや少し円筒形なものが多く、よくスーパーなどで見られるのは赤色をしていると思います。

しかし、切ってみると中は白くサラダによく使われています。

 

オススメの大根おろし機は?

大根といえば、大根おろしが簡単に作れますよね。

しかし、すれば簡単にできるのですが、するのに結構時間がかかりますよね。

大根自体も大きいので、すっていると腕が疲れたりします。

そんなあなたにおすすめのおろし機を紹介します。

 

粗めの大根おろしを作りたい方

こちらの方には「プロおろし」がお勧めです。

あまり力をかけずにすることができます。

形が特徴的で、台形をしているおろし機です。

水切りもついていて後片付けも簡単なことも魅力の一つです。

 

細かい大根おろしを作りたい方

こちらの方には、OXO オクソー ダイコングレーターがおすすめです。

おろし金と、容器がセットになってます。容器の底に滑り止めが付いており、すべることなく大根をすることができます。細かい大根をおろすには、くるくる円を描くようにするのがいいそうです。

そして大根おろし機というと、すった後の後片づけが大変でしたが、取り残した大根のかけらなどを取るのが楽なようです。

 

さて、大根についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

これからの暑い季節はさっぱりとした大根おろしを楽しんでみて下さいね♪

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す