ぶどう(葡萄)の栄養、旬の時期、季節は?オススメのぶどう狩りツアー。

<スポンサードリンク>


ぶどう(葡萄)の栄養、旬の時期、季節は?オススメのぶどう狩りツアー。

 

おいしいぶどう葡萄)が食べたい。そう思ったことはありませんか。

ぶどうは子供から大人までみんな大好きなフルーツの一つです。

種のある物、ないもの。皮の色が紫のもの、少し黄緑色なもの。粒の大きいもの、小さいもの。

このようにぶどうと一言で言っても種類は様々。そんなぶどうについて詳しく知りたくありませんか?

ぶどう 葡萄

ぶどうとは?

ぶどうはブドウ科のつる性落葉低木で、温帯で育つ農作物です。種類も豊富です。

平均気温が10度から20度程度の地域で栽培を行うのがいいとされています。

果実をそのまま食べたり、乾燥させてレーズンにしたりワインなどの原料に使うなど利用範囲はさまざまです。

 

旬の時期、季節、栄養などは?

ぶどうの時期は、8月から10月の初旬にかけてです。夏から秋にかけてがとても食べごろな時期と言えるでしょう。

ぶどうには、体内に吸収されやすいブドウ糖果糖が多く含まれています。なので、疲労回復に効果があります。他にも脳の働きをよくするので集中力も高まります。

そして、食べない方も多いかもしれませんが、紫色のには、アントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれているので、眼精疲労活性酸素の除去に効果があると言われています。なので、皮ごと食べるのがおすすめです。

 

ぶどうの種類は?

ぶどうと言っても種類は様々で何十種類もあるようです。

その中でも日本で生産の多いぶどうをいくつか紹介していきましょう。

まず、最も作られているぶどうは「巨峰」です。日本の主要品種の一つで、みなさんも一度は聞いたことあると思います。

ぶどうの王様とよばれ、香りが良いのが特徴です。

続いて「デラウエア」このぶどうは実が小さく種もない食べやすいぶどうです。

ちなみに生産が多い上位3県は2013年時点で、1位山梨、2位長野、3位山形となっています。

 

・オススメのぶどう狩りツアー

最後にぶどう狩りツアーの紹介です。

①   山梨県 ツチと実

口コミで見つけた、時間無制限というのが魅力のぶどう園。

8:30~18:00まで時間無制限の食べ放題だそうです。

しかも、小学生未満のお子様は無料。大人も事前予約で値段がお安くなります。

他にも飲食持ち込みができ、バーベキューなどもできるそうです。

家族みんなで行くのによさそうですね。

 

②   山梨県 早川園

こちらのぶどう園の魅力は、「収穫したぶどうの量で料金が決まること」です。

入場料ではなく、収穫した量で値段が決まるので、自分にあった分の料金を払う感じになります。これが人気の秘密のようです。

収穫したぶどうが全て食べられない場合、持ち帰りが可能です。

 

これからもう少ししたらぶどう狩りのシーズンがやってきます。家族で旅行にぶどう狩りへ行きたいという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す