耳抜き(飛行機で耳がキーン)の方法は?バルサルバ法の方法、やり方は?

<スポンサードリンク>


耳抜き(飛行機で耳がキーン)の方法は?バルサルバ法の方法、やり方は?

 

飛行機に乗っている時、耳がキーンとなる事はありませんか?声もくぐもった感じで聞こえるし、なんとなく不快になりますよね。

それだけならまだしも、痛みを感じる様だと不快度もかなり増し、どうにかして治したくなります。

ダイビングで海底深く潜ったり、時にはエレベーターの上昇時、下降時にも耳に違和感を感じる事がありますが、

どうやって耳の違和感を治していますか?

飛行機 耳鳴り

耳がキーンとなる原因は?

飛行機やダイビング、エレベーターの上昇、下降時に感じる耳の違和感は、気圧の変化によって生じています。

地上において、人間の体は体外から1気圧の力で押されており、逆に体の中からも1気圧で押し返す力が働き、つり合いが取れた状態になっています。

ところが、飛行機・エレベーターの上昇や下降、スキューバで海底へ潜る等で体外の気圧が変化すると、体の外と中で気圧差が生じる状態になり、

体は体内の空気量を調整しようと働きます

この働きにより、体に出入りしようとする空気が鼓膜を動かす為に、耳がキーンとなったり、詰まった様な感覚になってしまうのです。

 

 

耳がキーンとなった時の対処法は?

飛行機やエレベーター内での対処法として有名かつお手軽なのは、あくびをする、唾を飲み込む飴をなめるガムを噛むといった手段です。

まだそういった事が自力ではできない赤ちゃんの場合は、ミルクを飲ませる等、水分を摂るといった方法もよく使われています。

飛行機やエレベーター内での気圧差はそれほど大きくない為、ゆっくりと時間をかけて耳抜きをして下さい。

 

ダイビングの様に水中で対処する場合は、あごを動かす唾を飲み込むといった手段は簡単に行う事ができます。

ただし、水中では圧力の変化が大きい為、鼓膜に与えるダメージが大きくなる可能性があり、素早く正確に行う必要があると言われています。

 

 

それでも耳が抜けない場合は?

口を閉じ、鼻をつまんで、鼻をかむ様に鼻から息を出す。

殆どの人がこの説明だけで簡単に出来てしまうと思いますが、これを「バルサルバ法」と呼び、耳抜きの手法の一つです。

この手法は非常にわかりやすいのですが、風邪を引いている時に行ってしまうと、耳の中に雑菌が入ってしまい、中耳炎を引き起こす可能性があります。

また、かなり力を入れてやってしまうと、耳を傷める事がありますので、簡単ですが慎重にやらなければいけません。

 

 

鼻をつまんで唾を飲み込む

これも殆どの人が簡単に出来ると思います。この手法は「トインビー法」と呼ばれ、バルサルバ法に比べると無理無く、安全に行う事ができるので、

お勧めです。

 

 

あくびをかみ殺す要領で顎を動かす

これはかなり難易度が高いと思います。この手法は「ヨーイング法」と言い、耳への負担が軽い手法です。かなりの慣れが必要と言われています。

 

 

耳抜きの練習用品として、「オトヴェント」というものがあり、飛行機内でも使用できる様です。

 

使っているところを見られるのは少々恥ずかしいかもしれませんが、背に腹は代えられません。

 

 

耳抜きなんてしなくても、放っておけばそのうち治ると考えていると大変です。

飛行機に乗っている場合は、耳抜きをしなかった為に、「航空性中耳炎」になってしまう事もあるのです。

ダイビングの場合は、鼓膜が破れたり、鼓膜の損傷を防ぐ為に体内から出てきた体液が耳の中に残り、そこから中耳炎を起こしたりします。

また、風邪気味の時は、耳の中で炎症が起きている事もあり、この時に耳抜きをすると余計に炎症を悪化させてしまうので、耳抜きをすることが禁じられているという事も忘れずに。

<スポンサードリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す